水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

シマウマのようなお魚・ゼブラダニオ!

投稿日: 2020年11日27月 作成者: nakagawa

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は淡水インテリア水槽にオススメのお魚をご紹介します!

 

 

見事な黒と白のしましま…こちらはゼブラダニオというお魚です!

シマウマ(ゼブラ)に似ていることからこのような名前が付いています。

 

こんな見た目ですが、コイ科に分類されています。よく見ると口元にコイ特有の2本のヒゲが生えています(^^)

似ている種類でパールダニオやゼブラダニオを改良した品種、ヒレが長いのが特徴のロングフィン・ゼブラダニオ、ゼブラダニオを真っ白にしたようなゴールデンゼブラダニオなどがいます。

 

ゼブラダニオは自然界ではインドに生息しており、小柄で変わった模様や飼育のしやすさ、入荷もコンスタントにありお値段も安価なことからアクアリウム界隈では入門種として初心者から上級者まで幅広く人気があります。

淡水魚と言えばネオンテトラのようにゆったりと泳ぐイメージがありますが、ゼブラダニオやその仲間たちは水槽の上層付近をとにかく泳ぎ回ります。

素早い動きでインテリア水槽の端から端まで常に動き回っています。

疲れないのかと思うぐらい泳ぐので見てる側としてはまったく飽きません笑

特にロングフィン・ゼブラダニオは長いヒレをヒラヒラと動かしながら泳ぐので非常に美しいです。

 

では飼い方を書いていこうと思います。

今回はゼブラダニオのブログですが、他の種類も基本的に同じ飼い方で問題ありません。

 

まず、ゼブラダニオは大きさが5cm程度なので小型水槽でも飼育することができます。ただ、上記でも書いた通り非常に動き回るのでなるべく広い水槽で飼育してあげてください。

体が小さくて水槽が大きいと寂しい感じがありますが、ゼブラダニオは広い水槽も充分活用してくれるので問題ありません。(他の生体と混泳するのも全然OKです)

 

ろ過機は45cm以下の場合は外掛け式、底面式、投げ込み式フィルター、60cm以上であれば上部や外部式フィルターをオススメします。

 

水質は中性~弱アルカリ性、水温は23℃~28℃が適しています。

水温は冬はヒーター、夏は冷却ファンを使用して常に24℃~26℃あたりにしておくといいと思います。

 

餌は、ゼブラダニオは好き嫌いあまりないため人工飼料をよく食べてくれます。冷凍アカムシなどバランス良く与えてください。

 

次に性格や混泳です。ゼブラダニオは基本的に温和な性格なので同種も他種も混泳可能です。ただ自分より小さい種類はいじめてしまうことがあるためもし混泳する場合は最低でもゼブラダニオと同じくらいお大きさの種類を選んでください。

 

水質にもうるさくなく、人工飼料にすぐ餌付いてくれる上に非常に丈夫なため初めてインテリア水槽をやるという方でも飼育可能です(^^)

 

もし上層付近を泳ぐ、変わった模様が欲しい、丈夫で小型の種類が欲しいといった場合にこのゼブラダニオをオススメします!

 

今回はゼブラダニオのご紹介でした!

 

弊社は関東全域でインテリア水槽の設置・メンテナンスを行っています。

水草水槽や海水魚水槽、テラリウム水槽、古代魚水槽など様々なジャンルを取り扱っています。

もしインテリア水槽を導入しようかお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!

 

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP