イソギンチャクの飼育

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は海水の生体のご紹介をしたいと思います!

 

魚でもなく、エビやカニでもなく…イソギンチャクです!

 

画像のはサンゴイソギンチャクと呼ばれるイソギンチャクです。

他にもアクアリウム水槽で飼育できる種類でポピュラーなのは、ハタゴイソギンチャク、イボハタゴイソギンチャク、ロングテンタクル・アネモネ、シライトイソギンチャクがあります(^^)

海水水槽を始めて、カクレクマノミなどのクマノミ類を飼育し始めたらイソギンチャクとの共生させるのが一つの目標ともいえますよね。

ただ気を付けないといけないのが、各クマノミは種類によって入りやすいイソギンチャクが異なります。

絶対入らないというわけではないのですが、例えばカクレクマノミはハタゴやイボハタゴを好んでおり、それを入れてあげるとすぐに入ってくれます。しかし、その他の種類を入れると興味は示すものの、知らんぷりだったりします汗

他にもブリード産のクマノミはイソギンチャクを知らずに育っているためイソギンチャクを入れてあげてもなかなか入らなかったりします。本能があるので、後々入ってくれる子はもちろんいますが、稀に相性の良いイソギンチャクを入れても全く入らない子もいます。確実に入ってくれるはやはりワイルドの個体でしょうね…ただ金額はそこそこします(・_・;)

イソギンチャクはユラユラと揺れていて見てるだけでも面白い生き物なのですが、実は飼育は簡単ではなく、何点かのリスクもあります。

まずイソギンチャクは光と水流を好みます。光や水流の強さはイソギンチャクによって異なるのですが、ハタゴやイボハタゴは特に光と水流を好みます。普通のLEDライトやろ過機の水流だけでは育たないこともあります。なのでスポットライトや水流ポンプを付けてあげると健康に育つ可能性がグンと上がります。

次に毒性ですが、イソギンチャクはその触手に毒を持っています。シライトやロングテンタクル・アネモネ、サンゴイソギンチャクはそこまで毒性は高くないですが、ハタゴやイボハタゴはかなり毒性が強いです。私も前に超元気なハタゴイソギンチャクにうっかり触ってしまったのですが、見事にみみず腫れになりました…。結構痛いです。

人間ですらこの痛みなので、周囲を泳いでいたお魚がもし刺されたら…。基本的に魚はイソギンチャクの危険性をわかっているので避けてくれますが、例えばいじめられて逃げたお魚が誤ってイソギンチャクに突進してしまうこもお無きにしも非ずです。

次にイソギンチャクが死んでしまった場合です。イソギンチャクは死んでしまうと2通りの死に方があります。

1つはどんどん小さくなっていって、そのまま消滅してしまうこと。次がいきなりバタリと亡くなってドロドロになったり、水流ポンプなどの機械に絡まってボロボロになって水槽に舞うパターンです。

前者はゆっくり小さくなって消えて行くのでそこまで問題はありませんが問題は後者。ドロドロになったりバラバラになったイソギンチャクを放置すると、水が一瞬で汚れ、イソギンチャクの毒がアクアリウム水槽全体に行き渡り、お魚やバクテリアが全滅してしまう危険性があります。

イソギンチャクの悪いことばかり書いてしまいましたが…それでも健康に育ったイソギンチャクは本当に美しく、他の生き物にはない動きが面白くとても魅力ある生き物です!なのでぜひオススメしたい生き物ですがもしこれから飼育する場合、上記のリスクがあることは頭の隅にいれておいたほうがいいと思います汗

ちなみに餌は基本的に要りません。イソギンチャクは触手に褐虫藻と呼ばれる微生物と共生しており、この褐虫藻が光合成をすることでそのエネルギーを貰って生活しています(^^)強い光が必要というのはこういうことです。

逆に我々が餌を与えてしまうと消化不良になる危険性があるので与えないほうがいいかと思います(与えても2週間に1回とか)

いかがでしたでしょうか、今回はイソギンチャクのご紹介でした!

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています。今回のような海水魚水槽はもちろん、淡水魚水槽、テラリウム、アロワナなど様々なジャンルを取り扱っています!もしアクアリウム水槽に興味がある方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 海水魚水槽 タグ: , , , パーマリンク