イソギンチャクの飼育

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は海水の生体のご紹介をしたいと思います!

 

魚でもなく、エビやカニでもなく…イソギンチャクです!

 

画像のはサンゴイソギンチャクと呼ばれるイソギンチャクです。

他にもアクアリウム水槽で飼育できる種類でポピュラーなのは、ハタゴイソギンチャク、イボハタゴイソギンチャク、ロングテンタクル・アネモネ、シライトイソギンチャクがあります(^^)

海水水槽を始めて、カクレクマノミなどのクマノミ類を飼育し始めたらイソギンチャクとの共生させるのが一つの目標ともいえますよね。

ただ気を付けないといけないのが、各クマノミは種類によって入りやすいイソギンチャクが異なります。

絶対入らないというわけではないのですが、例えばカクレクマノミはハタゴやイボハタゴを好んでおり、それを入れてあげるとすぐに入ってくれます。しかし、その他の種類を入れると興味は示すものの、知らんぷりだったりします汗

他にもブリード産のクマノミはイソギンチャクを知らずに育っているためイソギンチャクを入れてあげてもなかなか入らなかったりします。本能があるので、後々入ってくれる子はもちろんいますが、稀に相性の良いイソギンチャクを入れても全く入らない子もいます。確実に入ってくれるはやはりワイルドの個体でしょうね…ただ金額はそこそこします(・_・;)

イソギンチャクはユラユラと揺れていて見てるだけでも面白い生き物なのですが、実は飼育は簡単ではなく、何点かのリスクもあります。

まずイソギンチャクは光と水流を好みます。光や水流の強さはイソギンチャクによって異なるのですが、ハタゴやイボハタゴは特に光と水流を好みます。普通のLEDライトやろ過機の水流だけでは育たないこともあります。なのでスポットライトや水流ポンプを付けてあげると健康に育つ可能性がグンと上がります。

次に毒性ですが、イソギンチャクはその触手に毒を持っています。シライトやロングテンタクル・アネモネ、サンゴイソギンチャクはそこまで毒性は高くないですが、ハタゴやイボハタゴはかなり毒性が強いです。私も前に超元気なハタゴイソギンチャクにうっかり触ってしまったのですが、見事にみみず腫れになりました…。結構痛いです。

人間ですらこの痛みなので、周囲を泳いでいたお魚がもし刺されたら…。基本的に魚はイソギンチャクの危険性をわかっているので避けてくれますが、例えばいじめられて逃げたお魚が誤ってイソギンチャクに突進してしまうこもお無きにしも非ずです。

次にイソギンチャクが死んでしまった場合です。イソギンチャクは死んでしまうと2通りの死に方があります。

1つはどんどん小さくなっていって、そのまま消滅してしまうこと。次がいきなりバタリと亡くなってドロドロになったり、水流ポンプなどの機械に絡まってボロボロになって水槽に舞うパターンです。

前者はゆっくり小さくなって消えて行くのでそこまで問題はありませんが問題は後者。ドロドロになったりバラバラになったイソギンチャクを放置すると、水が一瞬で汚れ、イソギンチャクの毒がアクアリウム水槽全体に行き渡り、お魚やバクテリアが全滅してしまう危険性があります。

イソギンチャクの悪いことばかり書いてしまいましたが…それでも健康に育ったイソギンチャクは本当に美しく、他の生き物にはない動きが面白くとても魅力ある生き物です!なのでぜひオススメしたい生き物ですがもしこれから飼育する場合、上記のリスクがあることは頭の隅にいれておいたほうがいいと思います汗

ちなみに餌は基本的に要りません。イソギンチャクは触手に褐虫藻と呼ばれる微生物と共生しており、この褐虫藻が光合成をすることでそのエネルギーを貰って生活しています(^^)強い光が必要というのはこういうことです。

逆に我々が餌を与えてしまうと消化不良になる危険性があるので与えないほうがいいかと思います(与えても2週間に1回とか)

いかがでしたでしょうか、今回はイソギンチャクのご紹介でした!

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています。今回のような海水魚水槽はもちろん、淡水魚水槽、テラリウム、アロワナなど様々なジャンルを取り扱っています!もしアクアリウム水槽に興味がある方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 海水魚水槽 | タグ: , , , | イソギンチャクの飼育 はコメントを受け付けていません。

マンションのモデルルームに埋め込み型水槽

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はインテリア水槽のご紹介です!

 

こちらはとあるマンションのモデルルームに設置させていただいた壁埋め込み型の水槽です。

埋め込み型水槽は水槽以外余計な機材などは全て壁の内側にしまってあるので、とても見た目がスッキリとしており額縁に飾られた動く絵画のようでインテリア性抜群です。

こんな大きくて高品質な水槽…モデルルームにでしかできないんじゃないか?…とは思わないでください。こういうインテリア水槽、どこのご家庭でもばっちり製作することができちゃいます!使っていない壁棚やただの壁紙だけで仕上げている壁、これら全ての場所にこのような水槽を再現することが可能です。

ご存知の方もいるかと思いますが、弊社は自社工場があるので1mm単位で水槽を制作することができます。なので”ここの壁に合わせてこのぐらいの大きさの水槽が欲しい!”というご希望に確実にお応えできます!

市販されている水槽だと既にサイズが決まってしまっているので、例えそれを埋め込み型に使おうとしても、中途半端になってしまうことがあります…。

インテリア水槽として鑑賞するならやはり中途半端ではなく、その壁や空間にばっちり合った水槽がいいですよね(*_*;

こういう水槽を見ながら椅子に座り、食事やふろ上がりの一杯、優雅な水槽を眺めながらの一杯は体感した人にしか解らないのではないのでしょうか。ただ水槽を置くのではなく、生活の一部として取り入れてみませんか??(^^)

また、今回のインテリア水槽のレイアウトですが、こちらは海水風淡水魚水槽というジャンルになります!

海なの?淡水なの?と思われますが、詳しくは海を再現し、その中を淡水魚が泳ぐ水槽です!

岩は本物の珊瑚が死んで化石になった岩を使用し、砂もサンゴ砂(時々白っぽい砂利を使用します)、ライトも海中をイメージした青いライトを使用しています。他にも飾りサンゴなどを入れるとより海っぽくなりますね。

お魚は熱帯魚(ネオンテトラやエンゼルフィッシュetc…)、他にもアフリカの湖に生息しているアフリカンシクリッドを入れています。本来は生息できるはずがない海の中を淡水魚が泳ぐという面白い景色が見られます。

いかがでしょうか、今回はモデルルームに設置された埋め込み型水槽のご紹介でした!

 

弊社は関東全域で水槽の設置やメンテナンスを行っています。今回のような埋め込み型水槽はもちろん、様々な水槽を設計させていただいています。水槽の中身も海水風淡水魚水槽の他にも海水魚水槽、水草水槽、珊瑚水槽、テラリウム水槽など様々なジャンルを取り扱っています!

もし水槽の設置でお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください(*‘∀‘)

お待ちしております!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 水槽 インテリア, 水槽設置, 海水風淡水魚水槽 | タグ: , , , | マンションのモデルルームに埋め込み型水槽 はコメントを受け付けていません。

淡水魚の白点病

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はインテリア水槽の天敵とも呼べるお魚の病気、”白点病”について書いていこうと思います!

白点病は寄生虫であるウオノカイセンチュウがお魚の体に入り込むことで発症します。もちろんそのお魚が健康体であれば発症しないこともあります。

分かりやすい症状としてはお魚が岩や砂などに痒そうに体を擦り付けていたり、体の表面に白い点々が付き始めます。治せることも可能ですが、末期になるとほぼ助けることは不可能であり、更に他のお魚にも伝染(厳密には違います)するため非常に厄介な病気です。アクアリウム界では最もポピュラーな病気ですが、恐ろしい病気でもあります。

ウオノカイセンチュウの生活史ですが、実はこの寄生虫、どのインテリア水槽にも必ずと言っていいほど常に存在している常在菌で、完全に死滅させることはほぼ不可能と言われています。

仔虫(虫でいう幼虫)のときは水槽を泳ぎ回り、お魚に付着するとそのまま鱗に入り込みます。そしてそこで成長していき成虫になるとお魚から離れ、水槽の砂などに付着し、外表が厚い膜で覆われて(シスト化)その中で分裂を始め大量の仔虫を発生させます。その数は数百から数千と言われてます。

そしてその仔虫たちは再び水槽へ泳ぎ回りお魚に寄生し……というサイクルを繰り返します。私たちが肉眼で見えるのは、成虫になってこれからお魚の体を離れるぞっていうときだけです。

たまに白点病だったけど治ったと聞きますが、それは治ったのではなく、成虫が仔虫を増やすために体から離れただけ、ということになりますね。

仔虫→寄生→成虫→分裂→仔虫→…というサイクルは3~5日間かけて行われます。ただしそれは1匹の寄生虫に対してのサイクルなので、数千匹が同じタイミングで同じサイクルを行うということはありません。

1匹だけ白点病になって他のお魚は全く元気だった場合、先ほど感染するといいましたがそれは厳密には違く、その1匹に感染していた白点虫たちが体から離れ、分裂によって数千匹以上の大量の仔虫が解き放たれて元気なお魚にも数の暴力といわんばかりに寄生して感染するというのが事実に近いかもしれません。

白点病対策ですが、薬浴や高水温にするという方法があります。

 

……が、薬浴は実は白点虫は水槽内を漂っている仔虫のときにしか効果がありません。なので1回だけではなく、3日に1回は薬浴し、1週間ほど行った方がいいと思います。もしくは商品の使い方の通りにやりましょう。もう一つの方法として、お魚をすべて別の容器に隔離し、水槽は1週間ほど放置(+毎日水換え)し、隔離した容器を薬浴しつつ毎日換水する方法です。仔虫はお魚に寄生できないと死滅します。なので、仔虫が大量発生した水槽に魚を入れず換水することで一気に死滅させます。そして隔離したお魚たちに感染していた白点虫たちも毎日換水することでサイクルを崩し、死滅させます。

そして高水温にする方法ですが、白点虫は26℃以上で活動が鈍り、休眠状態になるため効果があるとされています。これからの時期寒くなり白点虫が活動しやすいため水温を上げておきましょう。28℃はさすがに暑すぎるので、1時的に28℃にし少しずつ下げて行って26℃にするといいかもしれません。

白点病は一度発症すると厄介な病気ですが、予防することで絶対ではないですが防げる病気です。この時期は水温差でお魚の状態が崩れやすいので、せっかくのインテリア水槽を崩壊させないためにも気を付けてあげましょう!

今回は白点病についてでした!

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています!今回のような病気対策も弊社スタッフは完璧に対策させていただいています!

アクアリウム水槽のジャンルは海水魚水槽、熱帯魚水槽、古代魚水槽、テラリウム水槽、海水風淡水魚など様々なジャンルを取り扱っています!(設置事例)

もし水槽の設置でお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!お待ちしております(^^)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 水槽 インテリア | タグ: , , | 淡水魚の白点病 はコメントを受け付けていません。

秋冬の水温対策は大丈夫ですか??

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はアクアリウム水槽の必須商品であるヒーターをご紹介します。

秋になり朝夜は涼しく、昼間は暑いですよね…。気温差が激しく、過ごしやすいと言えば過ごしやすいですが、人間ですら体調崩しやすい時期です。

お魚達も例外ではありません。

寒暖差が激しいと、アクアリウム水槽の水温にも影響してしまい、気温と同じように水温も激しく上下します。人間であればいくらでも対策できますが、限られた空間の中にいるお魚たちはこの気温差にどうすることもできません。気温差で体調を崩し、免疫力が低下して病気になりやすかったりそのままダメージで亡くなってしまうこともあります。

この季節どうやってお魚たちに元気に過ごしてもらうのか…

 

そこで必要なのが水槽用のヒーター(とサーモスタット)です!ヒーターはその名前の通り水を温めてくれるもので、サーモスタットはどこまで温めるのかを調節できるものです。基本的にヒーターに水温調節機能はありませんが、最近は水温調節機能が付いたヒーターが売られいます。(ただし、温度を変化させることができないようです)

アクアリウム水槽をやる上で絶対に欠かせないこのヒーター…秋では大活躍してくれます。一番なりやすい病気が白点病と呼ばれる寄生虫による病気なのですが、実はこの寄生虫、高水温に弱い性質があります。(海水の白点病は除く)ヒーターで28℃ほどの設定にしてあげれば白点虫の活動は鈍り、さらにお魚たちは活性が上がり食欲も増えて体の抵抗力が強くなります。サーモスタットを付けていれば常にほぼ一定の水温を保ってくれるので秋の寒暖差対策になりますねヽ(^o^)丿

熱帯魚は基本的に低水温に弱いので、真冬の寒さもヒーターが活躍してくれます。

部屋を常にエアコンを付けている場合でも、もしものことがあるのでヒーターは必ず入れておいた方がいいと思います。もし仮に外出中にエアコンが故障し、お部屋が冷え切って水槽もキンキンに冷えてお魚たちがみんなひっくり返っていた……なんて想像もしたくないですよね(>_<)

ヒーターを入れる際に気を付けることは、水槽に直接入れる場合、カバーが付いたものを入れてあげましょう。お魚がヒーターに触れてしまうと火傷する危険があります。また換水の際には必ずヒーターの電源を切るか、電源がついていた場合絶対に水面には出さないようにしてください。実はヒーターは水面に出ると火事など防止のため自動で故障する機能が付いています。火事や故障防止のためにも必ず電源を切りましょう(>_<)

また、水槽用のクーラーと一緒に稼働させる場合、クーラーに直接繋げる場合はまだ大丈夫ですが、別々で入れる場合は例えば、クーラーの設定温度を28℃にして、ヒーターの温度を26℃などヒーターの設定温度がクーラーより低くなるようにして、設定温度差は2℃ほど間隔を空けましょう。もし逆にしてしまうと、永遠に機械が稼働し続けることになってしまいます汗

いかがでしょうか、今回はヒーター(とサーモスタット)について書かせていただきました!

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています!今回のような季節対策も弊社スタッフは完璧に対策させていただいています!

アクアリウム水槽のジャンルは海水魚水槽、熱帯魚水槽、古代魚水槽、テラリウム水槽、造花水槽などオールマイティに取り扱っています!(設置事例)

もし水槽の設置でお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!お待ちしております(^^)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 水槽, 海水風淡水魚水槽, 熱帯魚, 熱帯魚水槽, 造花水槽 | タグ: , , , | 秋冬の水温対策は大丈夫ですか?? はコメントを受け付けていません。

美しい海水魚、インドキンギョハナダイ

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は海水魚のご紹介をしたいと思います!

アクアリウム水槽で人気な種類といえば、某映画で有名になったカクレクマノミやナンヨウハギがいるかと思いますが、それと同じくらい人気な種類がたくさんいます。

例えばハナダイ・ハナゴイの仲間です。

形はTHE魚!みたいな見た目ですが、その仲間も体色は物凄く美しく、どの種類も主にピンク色に近い色が入っています。群れで泳ぎ、オス1のメス多数のハーレムを作って生活しています。

実はハナダイ・ハナゴイの仲間は性転換を行います。生まれたときはみんなメスなのですが、群れの中で一番大きいメスがオスへと性転換します。体色も変わります。その性転換の様子は当然飼育下でも見ることができます。

今日はその数あるハナダイ・ハナゴイの仲間でも一般的だけど美しいインドキンギョハナダイをご紹介したいと思います!

ちょっとぼやけてますが…こちらがインドキンギョハナダイの(オスになりかけの)メスです。

優しい色合いをしており、紫のアイシャドウが特徴的です。似た仲間でキンギョハナダイという種類がいますが、こちらは名前の通りインド洋に生息しており、見た目の違いとしてはキンギョハナダイにはアイシャドウがありません。

ハナダイたちの全体的な特徴ですが、泳ぎ方がとても優雅で、見た目も綺麗、珊瑚にも悪さをしない上に珊瑚との組み合わせがとても似合っていることから非常に人気な種類です。

4匹以上で泳がせるのが良く、上手くいけば性転換を見ることができます。オスの体色は種類によっては様々なのですが一度体色の変化が始まればあっという間で、大体1週間以内には終わります。段々体色や見た目が変わっていく姿は非常に興味深いです(^^)

 

インドキンギョハナダイのオスの姿、一体どのようになるのか……??

 

 

はい、こちらがインドキンギョハナダイのオスの姿です!

全体的に黒ずんでいますが、これはこれでオスの威厳が感じられてかっこいいですね。オスになると、メスを追い回すような仕草が見られますが、いじめているわけではないのでご安心下さい(^^)オスになると、もうメスに性転換することはありません。

自然界では性転換する種類はたくさんいるのですが、観賞魚で見た目が変わるのが見られるのはこのハナダイ・ハナゴイの仲間がポピュラーだと思います!自然界で行われているこの過程がアクアリウム水槽で間近で見られるってなかなか面白いと思います(^^)

性格は温厚な部類には入るのですがあまりにも小さい仲間にはいじめてしまうことも稀にあるようなのでできるだけ同じ大きさの仲間を入れてあげたいですね(・_・;)

もし海水魚水槽をやっている、始めようとしている方がいましたら是非是非このインドキンギョハナダイなどのハナダイ・ハナゴイの仲間はオススメします(*‘∀‘)

今回は海水魚のご紹介でした!

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています!今回のような海水魚はもちろん、珊瑚水槽、水草水槽、アロワナ水槽、テラリウム水槽など様々なジャンルを取り扱っています!

もしアクアリウム水槽を始めようかお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください、お待ちしております!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 海水魚水槽 | タグ: , , | 美しい海水魚、インドキンギョハナダイ はコメントを受け付けていません。

安くてもハイクオリティな海水風淡水魚水槽

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はインテリア水槽のご紹介をしたいと思います!

 

こちらの水槽は海水魚水槽……ではなく、海水魚水槽を再現した淡水魚水槽になります!

特殊な設計をしていて、水槽がまるで壁に埋め込まれているかのように見えており、水槽以外の機材など余計なものが見えていないためとてもスッキリとしていて、まさにインテリア水槽と呼べるものだと思います。

海水風淡水魚とは先程も言った通り、海水魚をイメージして作られています。

底に敷く砂は海水魚水槽でも実際使用しているサンゴ砂、または白っぽい淡水魚用の砂にしています。そして海の中は青色をしているのでライトも青色を使用し、そして岩は本物のサンゴが死んで化石になった岩を使用しています。さらに、スポットライトで水槽の一部を照らすと太陽の光が差し込んでいるかのような美しい風景になります。

お魚はネオンテトラやエンゼルフィッシュなど普通の熱帯魚を入れることが可能です。そうすると、海に泳ぐ淡水魚という摩訶不思議な空間が生まれてとても面白い光景が見られます(^^)

こんな環境で淡水魚は大丈夫なのか?という疑問もあるかと思いますが、一部確かに難しい種類もいますが、基本的には問題ありません。グッピーなどのメダカの種類は状態が良いとどんどん子どもを産みますし、エンゼルフィッシュも産卵することがあります。

実は海水魚はクマノミなどの種類を除いて非常に繁殖が難しく、飼育下では基本的に見ることができません。なので、稚魚が海のような空間で生まれ育っていく光景が見れるのもこの海水風淡水魚の特権(?)になりますね。

また、上記の画像ではアフリカンシクリッドと呼ばれる淡水魚を入れています。この種類はアフリカの湖にしか生息していない種類で、見た目が海水魚のように非常に見た目が鮮やかで白い空間ではその美しさがはっきりと際立って見えます。アフリカンシクリッドは普通の熱帯魚よりもこの水質に合っている上に非常に丈夫なので海水風淡水魚水槽では最も飼育しやすいと言えます(^^)

上記の水槽は水槽サイズはそこまで大きくないのですが、そこにあえてちょっと大きめのアフリカンシクリッドを入れることで強烈な存在感を出しています。アフリカンシクリッドは少し気が強い一面があるのですが、繁殖も容易で気付いたら小さい稚魚が岩の隙間から顔を出しているときがあり、とても可愛いですヽ(^o^)丿

海水魚水槽はとても高額で、なかなか手が出せないというお話をよく聞きますしかし、この海水風淡水魚はとても安価であり、このハイクオリティな空間を創り上げることができます!

今回は海水風淡水魚水槽のご紹介でした!

弊社では関東全域で水槽の設置やメンテナンスを行っています。今回のようなインテリア性重視の水槽設計はもちろん、通常の水槽や水槽台をオーダーメイドで制作しています。そのためお客様のどこに設置するか、どの水槽サイズがいいのかというご要望を確実に叶えられます(^^)

海水風淡水魚水槽の他にも海水魚水槽、水草水槽、古代魚水槽、様々なジャンルを取り扱っています!(設置事例)

もし水槽に興味がありましたら是非アクアリンクにご相談ください!

お待ちしております!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アフリカンシクリッド, 水槽 インテリア, 水槽設置, 海水風淡水魚水槽 | タグ: , , , | 安くてもハイクオリティな海水風淡水魚水槽 はコメントを受け付けていません。

秋の病気対策

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

もうすぐ秋の季節ですね!秋といえば我々にとってはとても過ごしやすい季節ですね!

ただ……お魚たちにとってはちょっと危ない季節でもあります(._.)

秋は昼間暑かったり、夜涼しかったり、寒暖差がとても激しい時期です。そうすると水槽の水温は暑くなったり冷たくなったり、他の季節と比べてかなり温度差が激しくなります。

アクアリウム水槽が小さければ小さいほど急激に変化するため、お魚たちはとても体調を崩しやすくなってしまいます。私たち人間も過ごしやすいとはいえ、急な気温差で体調を崩してしまったりしますよね…?それと同じことがお魚にも起きてしまうことがあります(>_<)

当然体調を崩してしまうとその分体力が落ちて免疫力も下がるため、白点病などの病気にかかりやすくなり、気付いたら発症し、いつのまにか他のお魚に伝染してあっという間に崩壊…ということもあります。

そうならないためにも、いくつか対策があります。まず、水槽の水温を28℃前後にすること。淡水の白点虫は高温に弱いため、効果があります。さらに水温が高いとお魚の代謝が上がるため、食欲も出て体力がついて病気に打ち勝つこともあります。ただし海水の白点虫は種類が違う上に、高水温にすることはあまり効果がないとされています。

次に薬を入れること。白点病などの薬はヒコサンなど結構売られていて、淡水の白点はとても効果があります。それを予防として入れておくだけでも全然違います。ただし、こちらも海水の白点虫にはあまり効果がないとされています…。

淡水であれば重度の白点病にかからない限りこの2点である程度は対策できます。そして、もう一つこちらは淡水も海水も効果が高いとされているのが”殺菌灯”と呼ばれるものです。簡単に言うと筒の中を紫外線で照らし、そこを通った水の中にいる病原菌や藻類を死滅させる機械です。(海水の白点に関しては効く、効かないなどの意見が分かれますが…効果が絶対無いとは言えません)

少々お値段が高いですが、その分効果が期待されるので海水に関してはほぼ必須ですね。

水温を上げる、薬を入れる、殺菌灯を付ける、これをやるだけで全然違います。どれも予防という意味合いが強いですが、重度の白点病になってアクアリウム水槽全体に広がってしまうとほぼほぼ治すのは厳しいので、こういう季節の変わり目は白点病になる前に対策をしておきたいところです。

いかがでしょうか、今回は秋の病気対策について書かせていただきました!

アクアリンクは関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています!(設置事例)

もしアクアリウム水槽を設置しようかお悩み方がいましたら是非弊社にご相談ください!24時間いつでも受け付けていますヽ(^o^)丿

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 海水魚水槽, 熱帯魚水槽 | タグ: , , , , | 秋の病気対策 はコメントを受け付けていません。

可愛いけど危険?ハコフグ!

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は水族館やアクアリウム水槽で人気のあの生き物のご紹介をしたいと思います!

 

はい、こちらです!

ハコフグの仲間…ミナミハコフグです!黄色い体に黒い水玉模様、おちょぼ口、つぶらな瞳、ヒレを必死にパタパタさせて泳ぐ…もう可愛いことづくめの生き物ですね!ハコフグの仲間はたくさんいるのですが、個人的にこのミナミハコフグは群を抜いて可愛いと思います笑

ただ大きくなると黒い水玉模様がコーヒー豆のような模様になり、顔もちょっとイカツクなります汗

このハコフグたちはもちろん家庭のアクアリウム水槽で飼育することが可能です。よくショップで入荷されると親指の第一関節くらいのちっちゃいハコフグたちを見ることができます。その可愛い姿を間近でずっとみていられるなんてたまらないですよね(*^-^*)

フグの仲間なので良く人馴れし、餌になると近寄ってきたりしてくれるのもまた良く、本当にペット感覚で飼育できます。

ただ…飼育にはある危険が伴います。それはハコフグたちが持つ”毒”です。実はハコフグたちは何かしらの理由で弱ったり、死んでしまったりすると体から毒がにじみだし、水槽に広がって他のお魚たちを死なせてしまうことがあります。ごくまれに皆元気な時がありますが…。

また泳ぎの下手さから何となく察することができると思いますが、強い水流が苦手で、流されて弱ってしまうこともあります。さらに餌をとるのもヘタっぴなのでしっかり食べているか確認しないとその体系から痩せていることに気付かず死んでしまう…ということもあります。

小さい個体は特に注意が必要で、ある程度大きくなればそこそこ丈夫にはなりますが、大きくなるまで隔離したり単独飼育をしたり、とにかく手をかけてあげないと難しいです。

アクアリンクのお客様も良くハコフグを入れてほしい!と言われますが、入れる際はスタッフもお客様にも一緒に慎重に注意深く観察してもらっています汗

それでもやはり可愛いので、大変な分お客様にもそしてスタッフにも癒しを与えてくれます(*^-^*)

もしハコフグを飼育したいという方は良く調べて、慎重に飼育してあげてください!

今回は可愛いけど飼育が難しいハコフグについて書かせていただきました!

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています!今日ご紹介したハコフグのような海水魚水槽や水草水槽、テラリウム水槽、海水風淡水魚水槽など様々なジャンルを取り扱っています!(水中デザイン)

しアクアリウム水槽にご興味のある方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 海水魚水槽 | タグ: , , | 可愛いけど危険?ハコフグ! はコメントを受け付けていません。

マンションのエントランスに水草水槽!

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はインテリア水槽をご紹介したいと思います!

 

こちらはマンションのエントランスにある居住者の方などが休憩したり話したりすることができるスペースに水草水槽を設置させていただきました!

木目で囲まれた壁や机などに対して、本物の流木や水草を使用したこのインテリア水槽はとても相性抜群で、群れをなして自由気ままに泳ぐ小魚達、元気に泳ぎ回る大きなお魚、水槽を綺麗にするエビたちも合わせて来る人や見る人に実際に自然界に足を踏み入れたかのような感覚になり癒されます。ちなみに、近くにエレベーターがあるのですが、写真のような休憩所に行かなくてもマンションに来た皆の視界にこのインテリア水槽が入るように設置されています。

椅子に座ってインテリア水槽を眺めたり話したりするのもいいですし、のんびり休憩するのもいいですし、色々お話しするなど色々できちゃいますね(*^-^*)

このインテリア水槽は、もともとあった場所に水槽を置いている形に見えますが、実は水槽下は観音開きの扉になっており、その中にろ過機などの機材類が収納されています。そのろ過機の配管は通常であれば水槽の上から水中に入れるタイプの物ですが、それだと見た目があまり良くないため水槽を加工し、水槽底面から配管を繋げられるような形になっています。そのためとてもスッキリした見た目になっていますよね(*^-^*)

このような場所や環境に合うように細かく加工できるのも業界唯一の自社工場がある弊社の特権です!

今回はマンションのエントランスに設置した水草水槽をご紹介させていただきました!

アクアリンクは関東全域で水槽の設置やメンテナンスを行っています。今回のような水草水槽はもちろん、更にハイクオリティなネイチャー水槽や海水魚水槽、古代魚水槽、テラリウム水槽、海水風淡水魚水槽など様々なジャンルを取り扱っています(水中デザイン)。

また、先ほどもチラッと言いましたが、弊社は独自の自社工場があるので設置したい場所に合わせて数ミリ単位での水槽の設計や加工をすることができます!

もし水槽の設置やメンテナンスに興味がある方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!24時間いつでも受け付けています(*^-^*)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 水槽 メンテナンス, 水槽設置 | タグ: , , , , | マンションのエントランスに水草水槽! はコメントを受け付けていません。

大型魚が入ったオーダーメイド水槽

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回ご紹介するインテリア水槽は、こちらです!

こちらはアロワナやダトニオ、スッポンモドキなどが入った幅2400mm、奥行700mm、高さ900mmの大型水槽になります!

アロワナ3匹入っていたり、たくさんお魚がいるように見えますが…実は背面を鏡面使用にしており、そうすることでお魚がたくさんいるように見せたり、奥行感のあるように見せています!

大型になる種類を複数匹入れることや、アロワナの飼育など、難易度はかなり高いですが、弊社スタッフはそういった難易度の高い飼育やメンテナンスのノウハウがあるので常に健康で元気な状態で飼育管理することができます。どうやって飼育してるかは……秘密です!(*_*;

このインテリア水槽、所謂オーバーフロー水槽なのですが、濾過槽にあたる部分が見えずただ2.4mの水槽がドンと置かれているだけのように見えますよね。

肝心の濾過槽はどこにあるかと言いますと、ちゃんと普通のオーバーフロー水槽と変わらず、水槽の真下にあります。画像で見えている木目の棚のような部分の裏側です!このインテリア水槽は弊社独自の自社工場で精密に製作され、そして部屋を工事する方と話し合い、上手く濾過槽が隠れるように設計されているのです。なのでお魚たちが泳ぐ水槽しか見えていないのです(^^)既製品を買ってきただけでは絶対にできない構造です。

このように水槽だけではなく、周りのデザインやお客様のご要望に合わせて細かく設計できるのが、アクアリンクの特徴です(^^)

インテリアとして水槽を置きたいが、スペースがないといった場合にも、例えば何かの家具の上に置くことも可能です。1mmずつ対応ができるので、その家具の上にピッタリ置けるようにもできちゃいます!

弊社は関東全域で水槽の設置やメンテナンスを行っています。今回はアロワナなどの古代魚や淡水魚ですが、他にも海水魚や珊瑚を扱った水槽、水草水槽、アフリカン水槽など様々なジャンルを取り扱っています(水中デザイン)。

また、水槽の設計だけではなく、水槽台の設計も行っているので、お客様のどんな場所に設置したいか、どういう風な水槽にしたいかというご要望を確実に叶えることができます!もしインテリア水槽を置きたいなぁ…と考えている方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください(*^-^*)お問い合わせは24時間受け付けているので、お気軽にお電話・メールください!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

 

カテゴリー: 水槽 インテリア, 水槽設置 | タグ: , , , , | 大型魚が入ったオーダーメイド水槽 はコメントを受け付けていません。