ハゼとエビの共生

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はアクアリウム水槽でも人気の海水の魚とエビのご紹介をしたいと思います!

その前に皆さんは”共生”という言葉をご存知でしょうか?

例えばAとBという生き物がいたとして、その2種類は同じ場所で生活しています。

このとき一緒に生活することで、”AがいるとBが得をし、逆にBがいるとAが得をする”ことを”相利共生”と呼びます。

一番有名なのはクマノミとイソギンチャクの関係でしょうか。クマノミは毒のあるイソギンチャクに入ることで外敵から身を守ることができ、逆にイソギンチャクはクマノミがいてくれるおかげでイソギンチャクを食べる生体をクマノミが追い払ってくれるのでお互いにメリットがあります。またクマノミはイソギンチャクに餌を運んでくれることもあります。

次に、”AがいるとBが得をし、しかしBがいてもAは特に得をしないこと(害は受けない)”を”片利共生”と呼びます。これは例えば大型生物とコバンザメが例にいます。コバンザメは大型生物に貼りつくことで餌のおこぼれや遠くに運んでくれるメリットがありますが、逆に大型生物からしてコバンザメはいても何のメリットもありません。逆に害を受けることもありません。

こんな感じで、一緒に生活することでお互いにメリットがあったり片方にだけメリットがあることを大きくまとめて”共生”と呼びます。

ちなみに、”AがいるとBが得をし、BがいるとAは害を受ける”ことを”寄生”と呼びます。寄生虫などがいい例ですね。

それを踏まえたうえで今回ご紹介するのは、共生ハゼと共生エビです!

こちらはヤシャハゼとランドールピストルシュリンプです。

この2匹は非常に面白い生態を持っていて、エビが掘った巣穴にハゼが住まわせてもらっています。これだけ聞くと、せっかく掘った穴にハゼが無理やり入り込んでエビはいい迷惑じゃないのと思われるかもしれません。

しかし、そうではないのです。エビはとても視力が弱く、身体も小さいので天敵に狙われやすいです。なのでハゼはエビの巣穴に住まわせてもらう代わりに、その天敵から身を守るために見張り番をします。

エビの長い触覚は常にハゼに触れており、もし危険が迫ればハゼはエビに危険を教えてあげて敵に威嚇したり一緒に巣穴に隠れます。そして安全と分かればまた顔を出して見張り、エビは頑張って巣穴を作ります。お互いにメリットがある、これは相利共生になりますね!この関係のハゼとエビは様々な種類がいてどれも綺麗な体色をしています。

この興味深い関係はもちろんアクアリウム水槽でも見ることができます。自然界で行われているこの共生を間近で見ると可愛くて興味深く本当に面白いです(*^-^*)

臆病な性格をしているので、大型魚がいると巣穴から出てこなくなってしまう可能性があるので小型水槽で飼育するといいですね!

今回は共生エビとハゼのご紹介でした!弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています。今回の海水魚の他にも淡水魚、古代魚、海水風淡水魚水槽、造花水槽など様々なジャンルを取り扱っています。もし水槽に興味がある方や、設置をしたいがどうしたらいいかわからないという方がいましたらぜひアクアリンクにお問い合わせください!お待ちしており(*’▽’)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 海水魚水槽 | タグ: , , , , | ハゼとエビの共生 はコメントを受け付けていません。

変幻自在のエアーパーテーション水槽

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はいつもご紹介している魚が入ったインテリア水槽ではなく、魚が一切入っていない泡のみの水槽”エアーパーテーション水槽”をご紹介したいと思います!

エアーパーテーション水槽上記でも書いた通り、水槽の下にエアーカーテンを敷き、下から上へ流れる泡のみの水槽です。

え、魚が入ってなくて泡だけのインテリア水槽なんて面白いの…?と思われるかもしれません。

絶対に同じ大きさや動きの泡がなく大小様々な泡が小刻みに揺れながら上へ流れる様子はどこか幻想的で、不思議と心が癒されます。魚とはまた違った高級感など、様々な感覚を味わえるので、最近はナイト系や企業、個人のお客様など様々なところで人気があり、部屋と部屋の間仕切りやインテリアなどで使用されるなど活躍しています(^^)

そんなエアーパーテーション水槽をもっと美しく、幻想的に、ゴージャスに魅せる方法が照明です。

今は様々なライトが販売されています。そしてその光は泡に当たってユラユラと揺らめき、まるで水中にいるかのような感覚に陥ります。観賞魚用ライトを赤と青を交互に並べて上記の画像のように並べても面白いですし、最近はテープLEDと言って、観賞魚用ではないですが、リモコン操作で10色以上の色でエアーパーテーション水槽を照らすことができます。徐々に別の色に変わる機能もあり、その日の気分によって色を変えて泡の流れを楽しむことができます(*’▽’)

しかし、ライトを付けるとコケが発生して見た目が悪くなるんじゃないかと思いますが、弊社はエアーパーテーション水槽のメンテナンスの際はコケが出ないお薬を入れているのでコケは一切生えません。魚がいる水槽では使用できない強力なコケ抑制剤です。なので安心してお楽しみいただけます(^^)

いかがでしょうか、今回はエアーパーテーション水槽をご紹介させていただきました!

弊社は関東全域でインテリア水槽の設置やメンテナンスを行っています。今回のエアーパーテーション水槽はもちろん、魚が入った水槽(水草水槽・海水魚水槽・古代魚水槽・造花水槽etc…)など様々なジャンルを取り扱っています。(水中デザイン)

もし水槽に興味があったり置こうかお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにお問い合わせください(*^-^*)24時間受け付けています!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: エアーパーテーション水槽, 水槽 インテリア | タグ: , , | 変幻自在のエアーパーテーション水槽 はコメントを受け付けていません。

初期費用わずか10万円の水槽

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はアクアリウム水槽のご紹介です!

こちらは東京都のエステサロンに設置した超薄型の壁埋め込み型アクアリウム水槽です。中身は水に漬けても色素や毒素がにじみ出たりすることがない特殊な作りになっている造花水槽です。もちろんお魚も入っています(^^)

こちらの水槽は初期費用わずか10万円ほどなのですが、いかにその空間のインパクトに重要な影響度があることがわかりますでしょうか??数百万円の内装があってこそですが、このアクアリウム水槽があるとないとでは全く雰囲気が異なります。本物のような美しい造花とお魚は以外にも相性が良く、花をバックにしたお魚の優雅な泳ぎはとても高級感があふれています。

そして今回設置した場所はエステサロンの待合室です。待合室って病院などでもそうですが、自分が呼ばれるまではとても退屈だと思います。そんなときに目の前にあるアクアリウム水槽を見ると、ついずっと眺めてしまったりして退屈な思いをしない効果もあったりします(^^)

ちなみに造花は、毎月、もしくは季節ごとにそのときにあった造花や飾りに変更することができます!4月なら桜、10月ならハロウィン、12月ならクリスマスなど、こういう水槽でもその季節の雰囲気を味わうことができるのも造花水槽の特徴の一つです!ここまで変化が楽しめるアクアリウム水槽がわずか10万円でできるってかなりすごいことだと思います( ゚Д゚)

いかがでしょうか、今回は造花水槽をご紹介させていただきました!弊社は関東全域で水槽の設置やメンテナンスを行っています。今回は造花水槽ですが、他にも海水魚水槽、水草水槽、テラリウム水槽、海水風淡水魚水槽など様々なジャンルを取り扱っています。(水中デザイン)

そして、今回の水槽ですが、実はこの薄型水槽はどこにも売っていません。弊社独自の自社工場で製作した完全オーダーメイド水槽なのです。自社工場があるからこそ数ミリ単位で設計でき、お客様の設置したいと思っている場所にピッタリと収めることができます。

もし水槽を設置したいけど、どうすればいいのか、本当にここに置けるのか…様々な疑問があると思います。弊社は24時間お問い合わせを受け付けていつので、お気軽にお問い合わせください(*^-^*)

お待ちしております!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, エステ水槽, 水槽設置 東京, 造花水槽 | タグ: , , , | 初期費用わずか10万円の水槽 はコメントを受け付けていません。

丈夫で飼育しやすいスズメダイ

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はお魚のご紹介をします!

こちらはデバスズメダイというスズメダイの仲間です!エメラルドグリーンに輝く体色はまさに海水魚っていう感じですね(^^)

この種類は日本の奄美大島以南に生息しており、画像の通り群れを作って生活しています。ちなみにデバスズメダイの”デバ”は、下あごが突出している(出っ歯)ことから名づけられたようです。何とも言えない由来ですね…汗

スズメダイというのは、海水魚の中でもとっても丈夫で、よっぽどのことがない限り病気になったり死んでしまったりはしません。なので、海水魚水槽を設置して、最初に入れるお魚はスズメダイ科の種類を入れて、しっかり立ち上がっているか確認するやり方もあります。

せっかくのインテリア水槽、いきなりたくさんの種類のお魚を入れてたくさん死んでしまったら悲しいですよね…。

スズメダイ科の種類はたくさんいるのですが、実はとても気が荒い種類が多いんです。一番最初に丈夫なスズメダイを入れて、新しく違う種類のお魚を入れるとしつこく追い回したり、噛み付いたりすることがあります。しかし、デバスズメダイなどの群れをつくる種類はテリトリーを持たないのでとても大人しく温厚で、他のお魚に危害を加えることはめったにありません。なのでこのデバスズメダイはスズメダイ科の中で非常にオススメの種類なのです。弊社でもいつもこのデバスズメダイにはお世話になってます(^^)

そして、自然界では群れをつくる種類でも飼育下だと群れを作らなくなってしまうことも多いのですが、デバスズメダイは飼育下でもしっかり群れを作ってくれるので仲間たちと一緒に泳ぐ姿を見れてとても面白くて可愛いですよ!たくさん入れてあげるとインテリア水槽をにぎやかにしてくれます(^^)

今回は大人しくて丈夫、病気知らず、可愛らしいデバスズメダイをご紹介させていただきました!

アクアリンクは関東全域でオフィスや個人の方、幼稚園、老人ホームなど様々な場所にインテリア水槽を設置・メンテナンスさせていただいています。

今回は海水魚のお話しでしたが、他にも珊瑚水槽や水草水槽、古代魚水槽、テラリウム水槽、少し変わった海水風淡水魚水槽や造花水槽などなど様々なジャンルを取り扱っています!(水中デザイン)

もし水槽を置きたいと考えている方がいましたら是非弊社にお問い合わせください(*^-^*)24時間受け付けているので、お気軽にご連絡ください!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 水槽 インテリア, 海水魚水槽 | タグ: , , , , | 丈夫で飼育しやすいスズメダイ はコメントを受け付けていません。

パノラマ感のある水草水槽

皆さんこんにちは、アクアリンクスタッフ千葉です(‘◇’)ゞ

今回はとあるクリニック様に設置したアクアリウム水槽をご紹介したいと思います!

パッと見、ホテルのような場所に見えますが、クリニックです!

幅180cmのアクアリウム水槽をパノラマ感を出すように埋め込んだ設計をさせていただきました。座ったとき、立っているとき、横を通り過ぎたときどんな状態のときでもかっこよく見えるように設置しています。あまり高くない位置にあるので、子どもでも見やすいというのがまたいいですね。

ここのクリニックはかなり人気でとても混雑するので暇になってしまったり、気分が悪くなってしまったりしてしまいがちです。しかし、このアクアリウム水槽のもたらす効果は絶大で、癒されたりお魚や水草を眺めたりと患者さんたちからは大好評です。実際にアクアセラピーという言葉があるくらいなので、アクアリウム水槽のもたらす癒しというのは本当にすごいんです。

中身のデザインもこだわりをもっており、よりパノラマ感がでるように流木の配置を工夫し、流れるような優雅なデザインにさせていただきました。

さて、ここからが我々スタッフの腕の見せ所です。アクアリウム水槽の癒しというのは水槽の生体たちが最高のコンディションを保っているからこそです。水草が枯れてしまっていたり、健康的ではない成長をしていたり、お魚も病気だったり、水草もお魚もその水槽の大きさに対して量がマッチしていなかったら当然水槽は綺麗に見えません。

さらに言えば、流木の配置は問題ないか、砂は汚れていないか、すべてに置いて完璧でなければなりません。なのでスタッフが日々メンテナンスにお伺いし、常にその水槽の環境は大丈夫か入念にチェックします。そのおかげで常に今の美しい水槽が維持されています。

いかがでしょうか、今回はパノラマ感のある水草水槽をご紹介させていただきました!

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています。今回は水草水槽ですが、他にも海水魚水槽や古代魚水槽、テラリウム水槽など様々なジャンルを取り扱っています!(設置事例)

もし個人や企業、飲食店などで水槽を設置しようかお悩みの方、ぜひアクアリンクにご相談ください!24時間受け付けているので遠慮なくお電話してください(*^-^*)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 水槽設置 | タグ: , , | パノラマ感のある水草水槽 はコメントを受け付けていません。

飼育しやすい古代魚・ポリプテルス!

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はお魚のご紹介をしたいと思います!

皆さん古代魚という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

古代魚とは、大昔から存在し、姿形を変えずに生きてきた魚で、「生きた化石」とも呼ばれています。最も有名なのはシーラカンスでしょうか?彼らは大型の肉食魚で他の魚にはない特徴的な体形やヒレをしていてとてもロマンあふれる生き物です!

ちなみに魚類=えら呼吸というイメージがありますが、古代魚はエラ呼吸と肺呼吸どちらもできてしまいます。

そんな太古から生きてきたロマンの塊・古代魚って、実は種類によっては飼育することが可能です!

よくショップなどで見かけるのが、アロワナ、ハイギョ、ポリプテルス、チョウザメ、エレファントノーズ、ナイフフィッシュ、ガーなどでしょうか?(ガーは現在飼育することは違法とされています)

今回はその中から比較的温厚で、小型種もいて飼育しやすいポリプテルスをご紹介したいと思います!

ポリプテルスはなんと4億年前からすでに出現していたと考えられており、17種類存在します。アフリカの熱帯域に生息していて普通の魚とは違うフォルムをしており、細長い形をしています。

ポリプテルスはあまり泳ぎ回らず、底をはうように移動します。たまに上層や中層を泳ぐことがありますが基本は底での生活がメインです。

ポリプテルスはとても丈夫で飼育しやすく種類によっては60cm水槽で飼育することができる入門種です!アロワナなどは120cm以上の水槽を必要とするのに対しその半分の大きさで飼育できます。古代魚が好きだけど、飼育するスペースに余裕がない方にはぜひこのポリプテルスをオススメします(^^)

ちなみに食性は肉食(小赤やドジョウなど)ですが、人工飼料にも餌付きやすいのもいいですね!体色が派手ではないので、もしかしたら地味…と思われるかもしれません。しかし、はるか昔から生きてきた生き物が自分の部屋にいて今でも生き続けているってなかなか凄いことじゃないでしょうか??

古代魚をインテリア水槽などで置いている方はたくさんいます。水草水槽では落ち着いた雰囲気に、海水魚水槽ではにぎやかでハワイアンな雰囲気に、古代魚水槽ではまさにかっこよく、魚自体に迫力があり、タイムスリップしたような雰囲気になります(^^)

あと余談ですが、ポリプテルスは顔をじっと見てみるとつぶらな瞳がとても可愛らしいですよ笑ぜひ気になった方はポリプテルス、調べてみてください!

いかがでしょうか?今回は古代魚の入門種・ポリプテルスをご紹介しました!

弊社はアクアリウム・インテリア水槽を関東全域に設置やメンテナンスを行っています。今回のような古代魚だけでなく、水草水槽、海水魚水槽、海水風淡水魚水槽、カメ水槽など様々な水槽を取り扱っています!(水中デザイン)

もしインテリア水槽置きたい、鑑賞したい、子どものために置きたいなどお悩みがありましたら、ぜひ弊社アクアリンクにご相談ください!24時間受け付けているのでいつでもご連絡してください(*^-^*)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 水槽 インテリア | タグ: , , , | 飼育しやすい古代魚・ポリプテルス! はコメントを受け付けていません。

インテリア性抜群のライト!

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は前回に引き続きイベントのご紹介です!

今回は、素材から部品、デバイス、機器、そしてサービスやネットワーク事業にいたる多岐にわたる事業をグローバルに展開している京セラ株式会社が世界初のひとつのランプからフルスペクトル光を放つLED照明を開発、その展示会に弊社の水槽が採用されました。

 

京セラ株式会社独自のLED照明技術「CERAPHIC」を採用したこの証明は自然の海中の色や太陽光の光を再現しており、実際に魚やサンゴ、イソギンチャク、水草が問題なく育ちます。

そしてそのライト自体のデザインや小さい水槽にも問題なく使用できる設計、4色の美しい色合いはインテリア水槽としても相性抜群です。しかもこれで飼育が難しいと言わているサンゴやイソギンチャクが育つのでまさに夢のような1品ですね(*^-^*)(もちろん水質などその他もしっかり管理しておくことも必要です汗)

今回の水槽は、照明の良さと魚、サンゴ、イソギンチャク、水草の状態の良さどちらも引き立たせるようにデザインさせていただきました!

そういえば先程サンゴや水草が問題なく育つと言いましたが、実は普通の熱帯魚用のLEDライトを使用するだけではサンゴたちは育ちません。(水草は一部の種類は育つことがあります)

どちらも太陽光のように強い光量や色、波長をもつライトではないとしっかりと元気に育ってくれないのですよ…。それに加えて赤い光を好む種類がいるなどなど…細かく見るときりがありません。

なのですべての種類のサンゴや水草を育てるとなるとかなりの設備が必要になります。しかもその専用のライトもかなりゴツい見た目をしてるものが多いです汗

せっかくのインテリア水槽もゴツくなってしまうとなんだかうーんって感じになってしまいますよね(;’∀’)ですが、今回の京セラ様の商品は上記でも書きましたが、あらゆるサンゴや水草にピッタリの光量や波長を出しているので元気に育つ上に見た目もスタイリッシュで水槽全体としてもとてもスッキリします!

ちょっとお値段はしますが、アクアリウムをやっている方は買って損はないかもしれないですね!

今回はライトのご紹介でした!

アクアリンクは関東全域でインテリア水槽の設置やメンテナンスを行っています。今回のような展示会イベントやドラマ・映画・CM撮影なども様々な場所でオファーをいただいています(^^)

もし水槽の設置をしようかお考えの方がいましたら是非弊社にお問い合わせください!お問い合わせは24時間受け付けています!

今回はライトのご紹介をしているのでわかりにくいですが、海水魚やサンゴ水槽、水草水槽、造花水槽、アロワナ水槽など多種多様なジャンルを取り扱っています!(水中デザイン)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: イベント, 水槽 インテリア | タグ: , , , | インテリア性抜群のライト! はコメントを受け付けていません。

美術館にあの有名な魚を展示

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はイベントで設置したアクアリウム水槽をご紹介したいと思います!

『そとあどび展~ピクニックからスケートボードまで~』が千葉県の市原湖畔美術館にて開催されました。このイベントではなんとあの有名な特定外来生物のブラックバスの展示をしたいとのことで弊社に依頼がきました。

まずブラックバスとはなんなのか…ブラックバスはもともと海外の北米に生息していました。しかし、80年ほど前の日本の芦ノ湖に放流されたのが最初とされています。その後日本各地に広まりましたが、日本固有の在来種を捕食していまうことが問題となり、特定外来種として指定されています。特定外来種は飼育はもちろん、釣り上げて生きたまま持ち帰ることは法律で禁止されています。

ブラックバスを展示するのにも行政の厳しい審査が必要となりました。

今回のイベントではそのやり取りや放流した人物の背景を壁画にして特定外来生物・ブラックバスとは何なのか、皆さんに認知してもらおうという企画です。

弊社はその問題のブラックバスを隅々まで観察できるようにあえてレイアウト素材を入れず、ブラックバスのみのアクアリウム水槽に仕上げました。

しかしここで悪者扱いされているブラックバスですが、ブラックバス自体に一切罪はありません。人の手によって知らない場所に連れてこられ、そこで仕方なく生きていくために目に入った餌(在来種)を食べているだけです。しかしそれを放置してしまえば日本固有の生き物は食べられてしまい、生態系が崩されてしまいます。なので可哀想ですが、見つけ次第殺したりして数を減らしていくしかありません。現在は一部の地域で食用とされているみたいです( ゚Д゚)美味しいんでしょうか?どうでしょう?食べてみたいです。

なのでブラックバスは在来種を食べて生態系を破壊している問題児ですが、もとを辿れば人間が悪いので、ブラックバス=絶対悪と決めつけてはいけない気がします。そういう背景を踏まえたうえでブラックバスとはどういう存在なのか知っていただけると嬉しいです(^^)

今回はイベントで展示したブラックバス水槽のご紹介でした!弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています。企業や個人邸、飲食店などで設置メンテナンスを行っていますが、今回のようなイベント案件も弊社はたくさんのご依頼を受けています(*^-^*)ぜひ設置事例を見てみてくださ!

もしアクアリウム水槽の設置など気になっている方がいましたら是非弊社にお問い合わせください!24時間受け付けいます!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, イベント | タグ: , , | 美術館にあの有名な魚を展示 はコメントを受け付けていません。

懐く魚!?

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はお魚のご紹介です!

お魚って基本的に人間に対して臆病で、餌の時間になると近づくことはあると思いますが、手を近付けると逃げてしまったり犬や猫などの哺乳類のように懐くことはありませんよね…。なので可愛がる人はもちろんいますが、インテリア水槽とは言ってもなんだか物足りないという思う方もいるかもしれません。

…実は懐く魚っているんですよ!哺乳類の懐くとはちょっと違うかもしれませんが…。

なんの魚だよ?…それはナマズの仲間、レッドテールキャットです!!

このナマズはアマゾンに生息している夜行性のナマズで、他の魚よりはるかに人に慣れます。背中がこげ茶色、お腹が白くつぶらな瞳がとっても可愛いナマズくんです。尾びれが赤いので、”レッドテール”キャットという名前がついています。

このナマズくん、ショップでは10cmほどの稚魚がよく売られていて、値段も安価で飼育もしやすい種類です。ただ、珍しいアルビノ個体などはかなり値段が跳ね上がります。私もこのナマズ大好きなのでいつか飼育したいですね( *´艸`)

しかし最大の難点はその最終的な大きさです。1m前後の巨体をほこります。なのでしっかり調べずに買った人がこんな大きくなるなんて知らなかったと無責任に手放す人が多々います。

それを踏まえたうえで飼育するとまるで水槽の中に哺乳類を飼育しているかのように思えてくるかもしれません(^^)某動画サイトで調べると撫でてと近づいてくる姿も見られます。可愛い…。

ナマズは肉食で、人工餌も食べますがメダカや金魚、ザリガニ、ドジョウ、なんでも貪欲に食べます。なのでその餌上げもとても楽しいかもしれませんね!飼育設備を整えるのは大変ですが、気になった方はぜひレッドテールキャットを調べてみてください(*^-^*)

今回はナマズのご紹介でした!

弊社は関東全域でアクアリウム・インテリア水槽の設置やメンテナンスを行っています!個人邸や会社、学校、飲食店様々な場所でたくさんのご依頼をいただいています!取り扱っている水中デザインも様々で、今回のような淡水魚はもちろん海水魚やサンゴ水槽、南国をイメージした水槽に淡水魚を入れる海水風淡水魚や造花などがあります!(水中デザイン)

もしインテリア水槽を設置したいとお考えの方がいましたらぜひアクアリンクにご相談ください!24時間受け付けていますので時間を気にせずお電話ください!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | 懐く魚!? はコメントを受け付けていません。

あの世界的有名な時計メーカーとコラボ!

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は、世界的に有名な時計メーカー「オメガ」とアクアリンクのアクアリウム水槽でコラボさせていただきました!

オメガの新作のダイバーズウォッチの発表展示会で深海と宇宙をイメージした神秘的なアクアリウム水槽空間をデザインしました。

スリムで高さのあるスタイリッシュなデザインを施工し最先端のスマートな水槽スタイルに仕上げました。

水槽内は、時計の色に合わせて、赤いヤギや貝殻、飾り珊瑚などを使用しています。そして上から時計に向けて白いスポットライトを当てて主役である時計を美しく目立たせています。

水槽台はすべてミラー加工をしており会場全体のブルーのライティングを反射して近未来をイメージした芸術的なアート作品になりました。台に施されたオメガのロゴも引き立っており、ロゴ・水槽台・そして水中に佇む時計の調和が幻想的で美しい1台ですね(^^)

もちろんこの水槽、オメガの方にも展示会に来ていただいたお客様にも大好評でした!弊社はお魚のアクアリウム水槽の設置やメンテナンスのイメージが強いと思いますが。今回のようにお魚がいない場合のイベントやCM、ドラマ、映画撮影なども依頼を受けてやっていたりするんですよ(*^-^*)

それにしてもオメガの時計物凄くかっこいいですね…私もたまにダイビングに行ったりするので、ほしくなってきてしまいました…。実はこのイベントの設置に私も参加させていただいたのですが、間近で見た時計は本当に見惚れるほどかっこよかったですし、さらに水槽のライトアップ中は青い光も合わさって本当に海の中にいるんじゃないかって思うぐらい綺麗でした!( ゚Д゚)

今回はオメガのコラボレーションについて記事を書かせていただきました!

先程もチラッと書きましたが、弊社は水槽の設置やメンテナンスを関東全域で行っています。海水魚水槽、ネイチャーアクアリウム、水草水槽、金魚、アフリカンシクリッド、アロワナなどなどオールマイティに取り扱っています!(水中デザイン)

もしご自宅や企業、病院、学校などで水槽を置きたいなとお考えの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!お問い合わせは24時間受け付けていますので、いつでもご相談受け付けます!また今回のようにイベントや撮影のご相談も常時承っています!弊社スタッフも経験豊富なので確実に皆様のご希望にお応えします!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, イベント | タグ: , | あの世界的有名な時計メーカーとコラボ! はコメントを受け付けていません。