水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

水流ポンプを使用してみよう!

投稿日: 2020年01日22月 作成者: nakagawa

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です('◇')ゞ

今回はお魚のご紹介ではなく、機材のご紹介をしようかなと思います!

その機材とは…タイトルにもある通り、水流ポンプです!

こちらが水流ポンプになります。

様々なメーカーさんから販売されており、アクアリウム水槽の水量やサイズに合ったものがあります。水流ポンプ単体だけで使用できるものや、リモコンが付いていて、それで水流のリズムや強さを調整できるものもあります。当然調整がきくリモコン付きが便利ですが、お値段はこちらのほうが高価だったりします。

付ける場所はもちろん水槽の中。

"いやこんな流れを出してなんの意味があるの?"って思われる方がいるかもしれません。実はとても大事な役割を果たしてくれるのですよ。

大自然、川や海は常に水が動いています。海に潜ったことがある方はわかるかもしれませんが、波で体がゆらゆら揺れますよね。時には波に流されることも…。

しかしアクアリウム水槽はどうでしょう?

ろ過機などの排水で多少は流れがあるかもしれませんが、自然界に比べたら全然です。すると何が起こるかと言うと、水槽など閉鎖された空間に流れがない場所ができてしまい(止水域)、そこに汚れた水や病原菌など悪いものが溜まりやすくなってしまいます。そして水の循環が悪くコケが発生しやすくなってしまったりお魚が調子を崩してしまったりします。

特に海水魚水槽でサンゴ水槽をやる場合は必須中の必須です。汚れが大の苦手&強弱の好みはありますが水の流れが大好きなサンゴはすぐに調子を崩してしまいます。

あとこれは聞いた話ですが、流れがないとお魚があまり泳がなくなるそうです。

あと、水流があるとライトがユラユラ揺らめいてめちゃ綺麗です笑

瑚水槽以外では必ずいる!…というわけではありませんが、あって損しないことは間違いないでしょう。(ただ、流れが苦手な生体もいるので、そこは飼育してる生体とご相談ですね)

デメリットは…そうですね。水槽を鑑賞するとき、配管類などを見せないようにしたい!という方にはあまりオススメできないかもしれません汗

水槽のガラス面にマグネットで取り付けるので、大きさによってはちょっと邪魔だなぁ・・・と思ってしまうかもしれません。でも正直このぐらいかもしれませんね。金額も安いのから高いのまで色々あるので、デメリットとは言えませんし…。

いかがでしたでしょうか?

もしアクアリウム水槽の環境を良くしたい、コケに悩まされてる…という方は是非水流ポンプを導入してみるのをオススメします!特に海水魚水槽にはオススメですね!

今回は水流ポンプのご紹介でした!

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています。海水魚水槽、淡水魚水槽(水草・古代魚・テラリウムetc...)、造花水槽など様々なジャンルを取り扱っています!

もしアクアリウム水槽を導入したいなとお考えの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!ヽ(^o^)丿

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP