掃除をするエビ

みなさんこんんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は生き物のご紹介をしたいと思います!

その生き物とはお魚ではなくエビです!海水に生息するエビになります。

その名も”スカンクシュリンプ”です!

赤と黄色が買った白の体色をしたエビで、名前の由来は背中の模様が哺乳類のスカンクに似ていることからつけられたみたいです。またはアカスジモエビ、アカシマシラヒゲエビとも呼ばれています。スカンクシュリンプのほうがなじみ深いと思います(;・∀・)

そのエビは何をしてくれるのかといいますと、なんとお魚をクリーニングしてくれるのです。クリーナーシュリンプといい、他にも色々なエビがいます。

インテリア水槽などでせっかく楽しんでいたのにお魚が病気になってしまったら全然楽しくなくなってしまいますし、心配で焦ってしまいますよね…。実際海水魚の病気は淡水魚に比べて厄介なことが多いです。水槽に直接投薬するのもリスクがありますし…。

なので病気にならないために事前に対策しておくとが大事になります。その一例が今回のエビや以前ご紹介したことがあるホンソメワケベラなどのクリーナー系のお魚を入れることです。スカンクシュリンプなどのクリーナーシュリンプもお魚に付いた寄生虫を食べてくれます。お魚たちも理解しているため自ら近づいて掃除してくれ~とせがんだり、掃除されるととても気持ちよさそうな顔を見ることができますよ(^^)

インテリア水槽は置くだけでも高級感あふれ、癒されますが普通水族館や海に行かなければ見れないこういう生態を間近で見れるのはとても貴重だったりします!

スカンクシュリンプの面白さはこれだけではありません。なんと、私たちの手もお掃除してくれることもあります!水槽に手を入れて、そーっとスカンクシュリンプに近付けてみてください。うまくいくとスカンクシュリンプが手に乗ってきて掃除してくれます!その感覚はとてもくすぐったく、たまに小さいハサミで皮膚をつまんできて面白いです笑

こういう風に遊べるのも醍醐味だと思います!

今回はスカンクシュリンプのご紹介でした(*´▽`*)

弊社は関東全域で水槽の設置やメンテナンスを行っています!皆さんインテリア水槽・子どものため・病院の患者様のため・風水として等々、様々な理由で水槽を置かれています。我々もお客様が何のために水槽を置くのか、これからどうしていきたいのか、意見をお聞きし、確実にご期待に応えるように作業させていただきます!

もし水槽設置でお悩みの方、弊社は24時間お問い合わせ可能ですので遠慮せずいつでもご相談ください!

ちなみに今回は海水魚水槽のお話しでしたが、他にも熱帯魚や古代魚、水草水槽、珊瑚水槽、オールマイティに取り扱っています!(水中デザイン)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 水槽 インテリア, 海水魚水槽 | タグ: , , | 掃除をするエビ はコメントを受け付けていません。

自然観あふれるテラリウム水槽

みなさんこんばんはアクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は、テラリウム水槽をご紹介したいと思います!

テラリウム水槽といえば、水槽の水位を低くして陸地を作り、その陸地にもコケなどの植物を植えることでまさに自然の一部を切り取ったかのようなデザインですね。今日ご紹介するアクアリウム水槽もそうです。

しかし、今回は一味違うテラリウム水槽になります!

水位も低く、陸地もあり、植物もある。ここまでは普通のテラリウム水槽と変わりませんが、このアクアリウム水槽はなんと水槽外にまで植物が飛び出しています。普通は水槽内ですべて納めてしまいますが、あえて植物を飛び出させること立体感を出し”自然の一部を切り取った”感をさらに醸し出しています。

ちなみに水中にある水草や流木は本物ですが、外に出ている植物はなんと人工でできた植物です。なので枯れることは一切ないですし、一年中青々とした植物が生い茂っているように見えます。

弊社は造花の扱いも大得意なのでもしこの植物が本物だったらこう生えるだろうなと想像し、違和感なく配置しています(^^)

中に泳ぐお魚はとても目立つオレンジ色をした金魚です。水中内は砂も黒いのを使っていることもあり、全体的に暗い雰囲気ですが、それがあるからこそ金魚の体色がハッキリとしていて存在感が出ています。

どうしたら主役のお魚が美しく、そして存在感を出せるのか、それを考えるのもお任せください!お魚だけが目立って植物が目立たない、逆に植物が目立ってお魚が目立たないということはせず、どちらも同じくらい目立つように仕上げます。

そして、このままでは完璧なテラリウム水槽とは言えません。

もう一つ、重要な点があります。

それは水の滴る音です。流木から水を伝わせ、水面に落ちる。このポタ、ポタ…という音がさらにリアル感が増します(^^)

しかし、ただ適当に水をしたたらせてもワザとらしく寧ろうるさく感じてしまいます。水をどのくらいの量、どのくらいの感覚でどこに落とすかを見極めてやることでうるささより癒しを見てる人に感じさせることができます。一見地味ですが、かなり重要なんですよ!

水中の風景、造花(本物の植物)や流木の配置、お魚の選択、落ちる水の調節、これらをすべてクリアしてようやく上記の写真のようなハイクオリティのテラリウム水槽が完成します!文章だと水の音が聴けないのが悔しいですね…(>_<)

いかがでしょうか??

今回はテラリウム水槽のご紹介でした!弊社はテラリウムも大得意ですが、水草水槽、海水魚水槽、古代魚水槽、様々なジャンルも満遍なく得意です。(水中デザイン)

弊社は関東全域で設置やアクアリウム水槽のメンテナンスを行っていますので、もし気になった方がいましたらぜひご相談ください!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, テラリウム水槽 | タグ: , , | 自然観あふれるテラリウム水槽 はコメントを受け付けていません。

かわいいヤドカリ

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は面白い生き物をご紹介したいと思います!

海水魚水槽では魚だけではなく、色々な生き物を入れることができます。ヒトデ、カニ、エビ、ヤドカリ、ナマコ、ウミウシ…どれもヘンテコで、でも魚とは違う魅力や面白さを持っています!もちろんそれは飼育下、アクアリウム水槽でも鑑賞することができます。

その中で、今日はヤドカリについて語っていこうと思います(^^)

ヤドカリはエビやカニと同じ甲殻類で、ヤドカリ…宿借りという名前の通り、貝殻を借りて生きています。それを背負って弱点を守ったり、そのまま中に入って身を隠したりしています。しかし、その貝殻は自分の体の一部ではないので成長するにつれて貝殻が窮屈になっていきます。そうするとヤドカリは成長した自分に合う貝殻を探しにいき、そこで宿替えをします!その間に他のヤドカリと鉢合わせしてしまうと喧嘩をしたりします。

その生態はアクアリウム水槽でも垣間見えます。何個か貝殻を用意して、水槽に入れておくとヤドカリは近寄ってきてこれは自分に合っているか、貝殻を小さいハサミで一生懸命くまなく調べます。そこで気にいると宿替えをし、気に入らないとそのままどこかへ去っていきます…。その様子もとても可愛らしいです笑 運がいいと宿替えのシーンが見れるかもしれませんね!

そしてヤドカリは可愛らしいだけではありません。実はアクアリウム水槽のお掃除屋さんとして活躍してくれます。他のお魚が食べ残した餌を食べてくれたり、死んでしまったお魚もゆっくりとですが食べてくれます。なので観賞用としてもいいですし、残り餌対策で入れてあげてもいいと思います!

ただ、ヤドカリは種類が多く、その種によっては大型になり飼育しているお魚などを襲って食べてしまうことがあります。なのであまり海から採集してきた種類のわからないヤドカリはあまり入れないほうがいいかもしれません…。

ヤドカリの面白さはまだあります。先程貝殻に引っ越すと書きましたが、実はヤドカリが引っ越すのは貝殻だけではないんです。貝殻の形をしたガラス細工、ペットボトルのキャップ、小さいパイプ、果ては入れ物のように作ったレゴブロックにまで引っ越すことがあるようです笑

もしかすると、自分の身が入ればなんでもいいのかもしれません(;’∀’)

そんなお茶目で可愛いヤドカリ、もし飼育したことがない方がいたらぜひ1匹いかがでしょうか??きっと面白くて癒されると思いますよ!

今回は不思議で面白い生き物、ヤドカリのご紹介でした!

弊社ではアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを関東全域で行っています。今回は海水魚水槽のお話しでしたが、川などに住む淡水魚やアロワナ、一風変わった海水風淡水魚や造花水槽、様々な水槽デザインを取り扱っています。

弊社は24時間ご相談などのお問い合わせを受け付けていますので、もし水槽が気になった方ぜひご相談ください!設置やメンテナンスのプロスタッフがお伺いさせていただきます(^^)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 海水魚水槽 | タグ: , , | かわいいヤドカリ はコメントを受け付けていません。

カクレクマノミの繁殖に挑戦??

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は、インテリア水槽の紹介ではなくお魚の紹介です!

皆さん水槽の楽しみって鑑賞したりとかインテリアとして置くだけ…と思っていませんか??実は他にも楽しみ方がたくさなるんですよ!今日はその1つである、お魚の繁殖についてお話ししていこうかなと思います!

繁殖できるお魚はたくさんいます。淡水魚であればグッピー、メダカ、ベタ、アピスト、……etcめちゃいます。しかし海水魚は繁殖できる種類があまりいません。有名なのはカクレクマノミなどのクマノミの繁殖でしょうか…?たくさん話すととても長い記事になってしまうので、カクレクマノミメインでお話しします!

海水魚の繁殖で有名なクマノミですが、もうほとんど繁殖方法が確立されてるとはいえ、やはり淡水魚(一部除く)よりかなり難しいです。しかしその難しさの壁を乗り越えて卵から大人に成長させたときはとても嬉しく、達成感があり、1つの楽しみ方なのではないでしょうか!そのまま自分で飼育したり、誰かに渡したり売ったり、繁殖方法にオリジナリティをくわえたり…そこから先もまだまだ楽しみがあります。実は私もカクレクマノミの繁殖に挑戦しています(;’∀’)やはり難しい…!

クマノミの繁殖は、まずオスとメスのペア作りから始まります。自然界では群れで生活し、その中で一番大きい個体がメス、その次に大きい個体がオスになり、その他の個体はメスでもオスでもありません。

飼育下では複数ではなく2匹で飼育するとペアになりやすいです。そしてオスとメスがお互いに体を震わせたり、2匹が岩など口で削るような仕草を見せるともう期待していいと思います。産卵する場所を決めると、そこを掃除するように口で何度も削るんです。メスが産卵すると、最初は卵は真っ黄色です。

水温にもよりますが、3日ほどでいったん卵は真っ黒になります。死んでいませんよ!そして5日ほどから卵が銀色に輝き始めます。よーくみると1つ1つの粒に黒い2つの目が見えます!そして1週間前後…卵は孵化します!水温が低いともう少しかかることがあります。その間オスが必死に卵のお世話をし、メスはたまーに見に来る程度です。メスは…見張り担当…?笑

生まれた稚魚には申し訳ないですが、クマノミの子育てを楽しむだけでも全然ありだと思います!まさに自然界での姿を見せてくれます(^^)他のお魚が近づくと追い払う様子も見れます。

生まれた稚魚を育てるには、まず稚魚を隔離しなければいけません。まずここが難関。稚魚は深夜に孵化します。そして本当にちょっとした水流で死んでしまうので孵化しそうになったら水槽のポンプ類すべて止めて、毎夜見張ります。そして孵化すると稚魚は光に集まる習性があるので懐中電灯などで水槽を一部照らして稚魚を集め、水流を起こさないように容器で掬ってあげます。

そして次の難関は餌です。稚魚は口が小さすぎて人工餌はもちろん、ブラインシュリンプですら食べられないのです。そこであげるのはワムシと呼ばれるブラインシュリンプより小さいプランクトンです。これを毎日絶やさないように与えます。そして3日~4日ほどから孵化したブラインシュリンプをワムシと一緒に与え始めます。2週間以降から粒が小さい人工飼料にちょっとずつ慣れさせてあげるといいみたいです。

簡単に説明しましたが、稚魚は死亡率が非常に高く、ある程度育つまではほぼつきっきりで見てあげないといけません。この作業がとてつもなく大変でもあり、そして案外楽しかったりします(^^)

鑑賞のほかになにかしてみたいと思った方、ぜひ繁殖に挑戦してみてはいかがでしょうか??(*´▽`*)

今回はクマノミの繁殖についてでした!

社では水槽の設置やメンテナンスを関東全域で行っています!観賞用として、インテリア水槽として、子ども用、風水など様々な理由で水槽設置をたくさんご相談、ご契約をいただいています。もちろん弊社スタッフは今回のような繁殖にも詳しいですよ(*‘∀‘)

淡水魚、海水魚、アロワナ、造花水槽など様々なジャンルを取り扱っています!(水中デザイン)もし水槽が気になった方、ぜひ弊社にご相談ください!24時間お問い合わせ受け付けています!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 水槽 インテリア, 海水魚水槽 | タグ: , , , | カクレクマノミの繁殖に挑戦?? はコメントを受け付けていません。

あの有名なアイスクリーム専門店に水槽を設置!

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はあの有名なアイスクリーム専門店、サーティワンアイスクリーム様にアクアリウム水槽を設置させていただきました!

こちらはアイスを食べながらもっと楽しんでもらおうというコンセプトから企画された”デザイナーズ水槽アイスBAR”です(*‘∀‘)

買ったアイスを店内で食べられるカフェスペースに160cmの大型水槽を設置しています。ポップで可愛く透明感のあるアクアリウム水槽を空間のセンターに配置して水槽にピッタリ造作を作りカウンター席と融合させました。

これは弊社アクアリンクが真骨頂としている”空間や用途にマッチしたデザイナーズ水槽”の世界が全面的に出ています。

南国の海に住んでいるお魚たちを見ながら冷たいアイスを食べているとまるで南国にいるかのような気がしてきますね(*’▽’)

このアクアリウム水槽は、海の中に生息している生き物たちが入った海水魚水槽です。水族館以外ではほとんど見ることができない生き物たちがこのサーティワンアイスクリーム様でまじまじと見ることができちゃいます!あの有名なニモやドリー、色鮮やかなお魚やヒトデやエビなど、アイスを食べながら面白い生態を見ることができちゃいます( *´艸`)

弊社はこのような有名な企業様にもたくさんアクアリウム水槽を設置しています!

水槽を置きたいけどその空間と水槽が浮いてしまうじゃないか…とお考えの方、ご安心下さい。我々が業界独自の自社工場を最大限に活かして水槽の中も外もうまくその環境に違和感なくなじむように作成します(^^)

今回は、海水魚水槽でしたが、他にも水草水槽や本格的なネイチャーアクアリウム水槽、テラリウム水槽、アロワナ水槽など様々なジャンルを取り扱っています!(水中デザイン)水槽の設置やメンテナンスは関東全域で行っています。ご相談は24時間受け付けていますので、お気軽にご連絡ください!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 埼玉, 水槽設置, 海水魚水槽 | タグ: , , , | あの有名なアイスクリーム専門店に水槽を設置! はコメントを受け付けていません。

水槽で飼えるのは魚だけではありません

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

みなさんアクアリウム水槽に入る生き物ってお魚やエビ、貝類だけだと思っていませんか??いえいえ、実は条件さえ満たせば様々な生き物をいれることができるんですよ。

今回は淡水魚水槽メインで3匹の生き物をご紹介したいと思います(^^)

まずはカメですね。ミドリガメやクサガメ、ニオイガメ系などの水棲ガメは小さいうちは水槽に入れることができます。しかし、カメはとても食欲旺盛で、口に入る小魚・エビなどはバリバリ食してしまいます。なので単独で飼育するか、カメより大きいお魚を入れるのがオススメです。

お魚たちと、4つの脚でしっかり動くカメを同時に見るのはなかなか面白く、より自然感があります(^^)カメもとても愛嬌があり、人に慣れるので手で餌を与えていると近づいてくれることもあります!水棲ガメなら大丈夫ですが、ミドリガメなどは陸地があるといいかもしれませんね。

 

はイモリの仲間です。アカハライモリやシリケンイモリの水陸両方必要な種類からイベリアトゲイモリなどの完全水棲、マダライモリやマーブルサラマンダーなど繁殖期以外は基本陸棲のものから様々な種類がいます。

一番メジャーなのはおそらくアカハライモリですね。陸棲のものはアクアリウム水槽には不向きですが、例えばテラリウム水槽をやっている場合、イモリたちが陸に上がってくれるので植物だけの寂しかった陸地が一気ににぎやかになります!イモリたちも小魚を食べてしまうのですが、動きはとてもゆっくりです。そして愛嬌抜群です(*’▽’)

ただ、脱走の名人と呼ばれているのでテラリウム水槽でもふつうのアクアリウム水槽でも脱走対策は念入りにしておいたほうがいいですね…。イモリはなんでも食べるので、その食欲も見てるとお魚とはまた違って面白いですよ!

 

最後はウーパールーパーです。白や黒のツルッとした体につぶらな瞳、ゆったりとした動きがとても可愛らしく一時ブームになりましたね。今は野生個体が絶滅の危機に瀕しており、とても問題になっています。ウーパールーパーは少し大きくなるので最低でも60cmの水槽は必要になってくるのですが、動きがとにかく鈍いので小魚がいても食べられないことがあります。しかし、食べてしまう場合もあります。丈夫なので飼育しやすく、完全水棲なのでふつうのアクアリウム水槽で飼育することができます!お魚たちの激しい動きとウーパールーパーのゆったりとした動きの差は見ていて癒されます(^^)

弊社はお魚がメインですが、実はカメなどのメンテナンスもしていたりするんですよ笑

今回は、カメ・イモリ・ウーパールーパーのご紹介でした!

弊社は関東全域水槽設置・メンテナンスを行っています。淡水水槽だけでなく、海水魚水槽や面白い海水風淡水魚水槽や造花水槽など本当に多種多様なジャンルを取り扱っています!

水槽も業界唯一の自社工場があるので、水槽も制作しています(^^)

もし水槽を置きたいなとお考えの方、ぜひ弊社にご相談ください!24時間いつでもお問い合わせできます!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽 | タグ: , , , | 水槽で飼えるのは魚だけではありません はコメントを受け付けていません。

水槽はどこにでも置けます!

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

皆さん、水槽を置くときって水槽専用の台がないと置けないと思ってる方が多いんじゃないでしょうか?せっかくインテリア水槽や鑑賞するために置こうと思ったのにスペースがない…そんなことがあるかと覆います。

しかし、水槽って、必ずしも専用の台が必要ではないんですよ。例えばあまり背が高くない棚、テーブル…上が平らなところに水槽が置けてしまったりします!

こちらはそれぞれ別の場所ですが、どちらも元々お客様が所持していた棚の上に設置しています。

配管類やコンセント類はどうなっているのかというお話しですが、お客様に許可をいただき、棚を弊社で加工して中に収納しているんです。なので見た目もスッキリし、美しいインテリア水槽だけが残ります!

他にも棚の上に置くのはいいけど、既存水槽だとサイズが合わずちょっと隙間が空いてしまったり、飛び出してしまったりなかなか良いサイズが見つからないこともあります。そんなときもご安心下さい。弊社にお任せしていただければ業界唯一の自社工場でその棚や机に1mm違わずピッタリのサイズの水槽を作成します(*^^*)

いかがでしょう、これでまた夢が広がったのではないでしょうか??棚の加工ですが、ろ過機が水中にあるタイプは加工しない場合もありますが、海水魚水槽を飼育してオーバーフローにするときはガッツリ加工します!もしあまり加工してほしくないときなどはご相談いただければ臨機応変に対応させていただきます(*’▽’)

今回は水槽台のお話しでした!先程、自社工場があると言いましたが、作れるのは水槽だけではありません。水槽台や水槽の上にかぶせるフードも作成しています!なので本当に色々な場所に置けますし、お客様のご希望に確実にお応えすることができます(^^)

なのでもしインテリア水槽、鑑賞用、背が低い子どものため、お店に置きたいなど様々なご希望があればぜひアクアリンクにご相談ください!設置だけでなく水槽のメンテナンスも関東全域で行っています!お問い合わせも24時間受け付けているのでお気軽にご相談ください!水槽のジャンルも水草水槽・海水魚水槽・古代魚水槽・海水風淡水魚水槽いろいろなものを取り扱っています!(水中デザイン)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 水槽 インテリア, 水槽設置 東京 | タグ: , , | 水槽はどこにでも置けます! はコメントを受け付けていません。

海水魚水槽の敵、シアノバクテリア

みなさんこんにちは、アクアリンクスタッフ千葉です(‘◇’)ゞ

今回は海水魚水槽におけるとある厄介な敵をご紹介したいと思います!

それはコケの仲間なのですが…、赤ゴケと呼ばれるものです。

正体はシアノバクテリアの仲間です。名前の通り赤くアメーバ状をしていて、気付いたらちょっと発生していて何も対策しないと凄まじい繁殖力で増殖していきます。

非常に見栄えが悪く、せっかく綺麗なインテリア水槽として置いていたのにこれでは見ごたえがありません…。

シアノバクテリアは地球で初めて光合成をした生き物で、それから現代にかけて過酷な環境を生き抜いてきただけあって、生命力がとても強いです。擦れば簡単に落ちますが、すぐにまた生えてきます。

その赤ゴケはサンゴを飼育している場合、そのサンゴの上にまで広がってしまうためサンゴが光を吸収できず死んでしまいます。

この赤ゴケの原因は水槽に対して水流が足りず水が淀む、お魚や餌の量が多いことによる水質悪化、光量が強いなど様々な理由があります。茶色や緑のコケはシッタカ貝やマガキ貝が食べてくれるのですが赤ゴケは食べてくれないのでこれまた厄介です。実は私も自宅で海水魚水槽をやっていてこの赤ゴケが出てしまったときは焦りました…汗 

対策は、カミハタさんが出しているアンチレッドと呼ばれる商品が一番効果抜群です。3日にわけて投薬していきますが、ネットで見ても弊社スタッフに聞いても、自宅で試してもしっかり消えたという結果です!結構おどろおどろしい色をしていますが、お魚にも無脊椎にもサンゴにも安全とのことです。ただイソギンチャクには場合によっては影響が出てしまうので、規定量より少なめに入れた方がいいかもしれません。

あとは出ないように対策をすることですね。水流ポンプを入れたり、光量を抑えたり、餌の量や魚を減らしたり…そうすれば出にくくなると思います!サンゴの場合は光量を抑えるのは難しいですけどね…(*_*)

これをやることで見栄えが悪くてなかなか気持ち悪い赤ゴケを出さず、美しいインテリア水槽が維持されるはずです!

以上今回はシアノバクテリアのご紹介でした!

弊社では関東全域で水槽の設置やメンテナンスを行っています。インテリア水槽や子どものために、会社に置きたいなど様々な理由で水槽を置かせていただいています!

今回の海水魚水槽のほかにも川に生息する水草や熱帯魚水槽、一風変わった海水風淡水魚水槽、造花水槽、古代魚水槽など様々なジャンルを取り扱っています!もし水槽の設置やメンテナンスが気になった方、ぜひアクアリンクにご相談ください!弊社は24時間お問い合わせを受け付けています!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

 

カテゴリー: 水槽 インテリア, 海水魚水槽 | タグ: , , , , | 海水魚水槽の敵、シアノバクテリア はコメントを受け付けていません。

高級クラブに大型珊瑚水槽!

みなさんこんにちは、アクアリンクスタッフ千葉です(‘◇’)ゞ

今回は、銀座の高級クラブ様に設置した150cmの大型海水魚水槽をご紹介したいと思います!

赤や青、黄色…色とりどりのお魚たちが入っていますが、見どころはそれだけではありません。なんと、このアクアリウム水槽には本物のサンゴが入っています。もちろん生きています。

サンゴもユラユラと揺れていたり、蛍光色に輝いていたりお魚たちとはまた違った美しさを感じさせます。岩だけでも自然感はありますが、サンゴが入ったことでより海の珊瑚礁のイメージに近くなり、派手で迫力があり、そして高級感があります。

サンゴは実は水の汚れにとても弱く、水流も必要で、珊瑚用の添加剤も必要、そして太陽光に近い高性能なライトが必要になり、とても飼育が難しいんです。設備も高価ですし、維持する費用も普通にお魚を飼うだけの場合の2倍以上になるかと思います…(*_*)そして、設備もそろえたからと言って絶対に珊瑚がうまくいくというわけでもなく、飼育する者の技術や知識がなければ維持は難しいです。

水を少しでも汚さないために基本的にお魚を入れないか、(水槽の大きさや魚の種類によりますが、)入れても数匹が目安です。なかなか気難しくて繊細な生き物ですね(;’∀’)

しかし、このアクアリウム水槽をよく見てください。お魚がたくさん入っているのにサンゴたちはとても元気です。ライトはもちろん、水槽台で濾過槽が隠れて見えませんが、設備も最高級のものを使用しています。そして弊社にはサンゴが大得意のスタッフがたくさんおり、その1人がメンテナンスを行っているので常に最高の状態が保たれています!お魚たちももちろん元気ですよ(^^)どうしてお魚がいっぱいいるのにサンゴが元気なのかは、残念ながらお教えできませんが、弊社はこういったノウハウもあります。

店員さんやお店に来たお客様にもちろんご満足いただいております!

いかがでしたでしょうか?もしサンゴがお好きな方、淡水魚をやっていたけど…海水魚だけだったけど…サンゴに興味が出てきているという方、ぜひ弊社にお任せください!海水水槽の他にも川や湖に住む熱帯魚水槽、アロワナ水槽など様々なジャンルを取り扱っています!

アクアリンクは関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています!ご相談は24時間いつでも受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております(^^)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , | 高級クラブに大型珊瑚水槽! はコメントを受け付けていません。

外からも見えるオープンアクアリウム水槽

皆さんこんばんは、アクアリンクスタッフ千葉です(‘◇’)ゞ

今回ご紹介する水槽は都内のとあるイタリアンレストランです。

こちらのアクアリウム水槽は蓋がついておらず、オープンになっています。なので上からお魚たちが泳ぐ様子を覗き込むことができます。

このアクアリウム水槽、ただ綺麗なだけではありません。なんと店内だけではなくお店の外からでも見えるようになっています。通行人が通るたびにアクアリウム水槽を見て行き、すごいと評判のようです。そしてその水槽につられてお客さんがお店に入ってくることもあるみたいです。

このアクアリウム水槽はライトは天井を改造して水槽だけを青く照らすように設計されています。そうすることで水槽だけが青く浮かび上がり、夜はより一層どこのお店よりも目立ちます。

この水槽は海水魚水槽で、青い光に照らされた色鮮やかなお魚たちが舞い、高級感ある店内がさらに豪華になったような雰囲気です。

どうしても窓の近くにアクアリウム水槽を置くと、照らしているライトに加えて太陽光が入ってきます。そうすると水槽はコケに覆われてしまうことがほとんどです。しかし、このアクアリウム水槽は1か月プランのメンテナンスにお伺いするまでほとんどコケが生えず、美しい状態を保ったままです。

弊社はお客様に満足していただき、そして美しく魅せることを重要にしていますが、それを達成するには水槽を常に綺麗にしておきお魚たちも元気に泳いでもらうことが大前提です。常に綺麗にしておける弊社スタッフの技術・知識やお客様のどんなご要望や窓際に設置する際、確実に満足いただける水槽を制作できる弊社独自の自社工場などがあってこそできるものです。

もし窓際などに水槽を置きたいなという方がいましたらいつでもご相談ください!

もちろん窓際だけでなくオフィスやご自宅、飲食店や学校などなど、室内どの場所に置きたいかご相談いただければ、その場所に確実に合う水槽設計をさせていただきます!水槽設計もメンテナンスも関東全域で行っています。また、ご相談の連絡も24時間いつでもできますので、遠慮なくお電話・メールください!今回は海水魚水槽の設置ですが、他にも水草水槽やアロワナ水槽、造花水槽など様々なジャンルを取り扱っています!

槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 未分類, 水槽設置 東京, 海水魚水槽 | タグ: , , , | 外からも見えるオープンアクアリウム水槽 はコメントを受け付けていません。