掃除をするエビ

みなさんこんんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は生き物のご紹介をしたいと思います!

その生き物とはお魚ではなくエビです!海水に生息するエビになります。

その名も”スカンクシュリンプ”です!

赤と黄色が買った白の体色をしたエビで、名前の由来は背中の模様が哺乳類のスカンクに似ていることからつけられたみたいです。またはアカスジモエビ、アカシマシラヒゲエビとも呼ばれています。スカンクシュリンプのほうがなじみ深いと思います(;・∀・)

そのエビは何をしてくれるのかといいますと、なんとお魚をクリーニングしてくれるのです。クリーナーシュリンプといい、他にも色々なエビがいます。

インテリア水槽などでせっかく楽しんでいたのにお魚が病気になってしまったら全然楽しくなくなってしまいますし、心配で焦ってしまいますよね…。実際海水魚の病気は淡水魚に比べて厄介なことが多いです。水槽に直接投薬するのもリスクがありますし…。

なので病気にならないために事前に対策しておくとが大事になります。その一例が今回のエビや以前ご紹介したことがあるホンソメワケベラなどのクリーナー系のお魚を入れることです。スカンクシュリンプなどのクリーナーシュリンプもお魚に付いた寄生虫を食べてくれます。お魚たちも理解しているため自ら近づいて掃除してくれ~とせがんだり、掃除されるととても気持ちよさそうな顔を見ることができますよ(^^)

インテリア水槽は置くだけでも高級感あふれ、癒されますが普通水族館や海に行かなければ見れないこういう生態を間近で見れるのはとても貴重だったりします!

スカンクシュリンプの面白さはこれだけではありません。なんと、私たちの手もお掃除してくれることもあります!水槽に手を入れて、そーっとスカンクシュリンプに近付けてみてください。うまくいくとスカンクシュリンプが手に乗ってきて掃除してくれます!その感覚はとてもくすぐったく、たまに小さいハサミで皮膚をつまんできて面白いです笑

こういう風に遊べるのも醍醐味だと思います!

今回はスカンクシュリンプのご紹介でした(*´▽`*)

弊社は関東全域で水槽の設置やメンテナンスを行っています!皆さんインテリア水槽・子どものため・病院の患者様のため・風水として等々、様々な理由で水槽を置かれています。我々もお客様が何のために水槽を置くのか、これからどうしていきたいのか、意見をお聞きし、確実にご期待に応えるように作業させていただきます!

もし水槽設置でお悩みの方、弊社は24時間お問い合わせ可能ですので遠慮せずいつでもご相談ください!

ちなみに今回は海水魚水槽のお話しでしたが、他にも熱帯魚や古代魚、水草水槽、珊瑚水槽、オールマイティに取り扱っています!(水中デザイン)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 水槽 インテリア, 海水魚水槽 タグ: , , パーマリンク