水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

黄金の小魚・ゴールデンバルブ

投稿日: 2020年04日26月 作成者: nakagawa

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です('◇')ゞ

今回はインテリア水槽で古くから親しまれてきたお魚の紹介です!

こちらはゴールデンバルブと呼ばれるコイ科の仲間です。

以前チェリーバルブという種類をご紹介したのですが、見た目はそれの色違いバージョンという感じでしょうか(*^-^*)

このゴールデンバルブは改良品種であり、原種はグリーンバルブではないかと言われていますが、実のところは不明なようです。この美しいお魚は一体どこからやってきたのか…中々にミステリアスです( ゚Д゚)

まず目を引くのがこの宝石のような黄金に輝く体色です。キンピカです。十分育てられたゴールデンバルブは本当に美しく、どの水槽に入れてもピカピカと輝いてためインテリア水槽でもポピュラーながらとても人気があります。

オスは繁殖期になると腹部に赤い模様、黒の部分には緑の光沢ある模様(婚姻色)が表れそれはもう綺麗です。

4~5cmほどにしかならないため、小型水槽でも楽しむことができます。そしてコイの仲間ということで非常に丈夫で、チェリーバルブと並び初心者入門種としても人気があるようです。

ただ注意点があり、ゴールデンバルブはちょっと気性が荒いお魚です。仲間同士で殺し合い…までとはいきませんが、小競り合いをしたり他種にちょっかいかけたりすることもあるようです。なので混泳する場合はゴールデンバルブを最後に入れたり、しばらく様子を見てあげることが大切です。あまりにも相手がボコボコにされるようでしたら最悪隔離しなくてはいけません…。

また、本種を入れるメリットはその美しさだけではありません。彼らは本当になんでも食べるのでどこからともなく発生したスネールやプラナリアを食べると言われています。スネールに関してはおそらく卵を食べていると思われますが、結構効果があるようです。噂によると水草の新芽も食べると聞いたので水草を入れてる方は注意してください汗

チェリーバルブもそうですが、彼らはインテリア水槽でも繁殖を楽しむことができます。メスは水草などにばら撒き型の卵を産みます。その様子も見ていて楽しいですが、やはり一番の見どころはオスの婚姻色やメスを追いかける繁殖行動ではないでしょうか(*^-^*)

稚魚たちの飼育は難易度高いですが、決して不可能ではないので余裕がある方は是非稚魚も飼育してみてください!時には水槽で生まれてそのまま育つ場合もあるようです笑

インテリア水槽で目を引くものが欲しいと思った方、ぜひこのゴールデンバルブ、いかがでしょうか??(*'▽')

というわけで、今回は黄金のお魚をご紹介させていただきました!

弊社は関東全域でインテリア水槽の設置・メンテナンスを行っています!

設置先は個人のお客様、オフィス、飲食店、ナイト系のお店、サロン、イベント撮影など様々な場所で行っています!

インテリア水槽も海水魚水槽や水草水槽、海水風淡水魚水槽、テラリウム水槽、古代魚水槽など種類がたくさんあります!

もしインテリア水槽を設置しようかお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP