水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

季節の変わり目…白点病と対策

投稿日: 2020年03日11月 作成者: nakagawa

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です('◇')ゞ

最近寒かったり暖かかったり気温差が激しいですね…。冬から春にかけてしばらく気温が安定しない日が増えてくると思います。今年は例のウイルスもありますし、皆さん体調に気を付けてください(*_*;

人間も寒暖差で体調を崩しやすいように、お魚たちも体調を崩しやすいです。特に小さいアクアリウム水槽ですと水温の上昇や低下の速度も速いので、それによってストレスを感じて病気になったり最悪亡くなってしまうケースもあります。

特になりやすい病気がお魚の体に白い点々が付く白点病と呼ばれる病気です。白点虫と呼ばれる寄生虫が原因です。白点虫はアクアリウム水槽にいる常在菌であり、簡単にサイクルを説明すると…

白点虫の仔虫がお魚に寄生し栄養分を吸収して成長(A)

→魚体から離れる(B)

→岩や砂などに潜り込みシスト(蛹のようなもの)を形成(C)

→1匹のシスト内で仔虫が大量に増殖する(D)

→シストから仔虫が大量に水中へ放出される(E)

※ここで寄生できないと48時間前後で死滅します。

→A→B…

といったサイクルになります。淡水と海水で白点虫の種類は違うのですが、サイクルはほぼ一緒です。

私たちの目では仔虫は見えません。私たちが見えている魚体についた白い点々は栄養をたっぷり吸って成長しきった白点虫なのです。

よくお魚から白点が消えて治った!!という方がいます。確かに治った可能性もありますが、ただ単に成長した白点虫が離れて分裂放出の準備をしているという可能性もあるので油断してはいけません。

また白い点々が見える!薬入れよう!からの、白い点々が消えたからもう大丈夫だ…という判断も危険です。実は白点虫に薬が効くのは仔虫の時で水槽に浮遊してる場合のみになります。上記のサイクルでいうとBとEの時です。それ以外は薬は一切効果ないので注意してください。

白点虫は常在菌であり、健康なお魚には多少寄生されても問題ありません。しかし、何かしらの要因で免疫等弱っているお魚は白点虫にとってかっこうの栄養分です。そこから大繁殖して大量の仔虫が襲い掛かったらいくら健康なお魚でも発症する確率は大きくあがります。

 

ではどうすればいいのか…?

まずはじめにいっておくと、何度も書きますが白点虫は常在菌なので完全撲滅はほぼ不可能です。なので感染したお魚を治す&増えすぎた白点を標準かそれ以下まで減らすという感覚でやるといいかもしれません。

対策は大きく2パターンのやり方があります。1つ目はお魚がそのまま水槽に入った状態で対策、2つ目はお魚を隔離して対策する方法です。

1つ目の対策ですが、水槽にヒコサンなどの白点病に効く液体のお薬を入れます。ここで注意点ですが、このような薬は色々種類があります。飼育水に直接入れる場合はろ過バクテリア・水草・サンゴ・無脊椎・ライブロックなどお魚以外の生き物には無害の薬を選んでください。例えば先程書いたヒコサンはそれらには無害なのですが、グリーンFゴールドは殺してしまう危険性があります。

そして白点虫は高温に弱いのでヒーターで28℃~30℃に設定します。あとは使用する薬の説明書通りに行い、換水なども行います。それを1週間ほど続けて白点病が出なくなればほぼほぼ大丈夫でしょう。

2つ目の対策ですが、お魚は健康・病気問わず全て隔離し別容器に入れます。水槽の方は何も入っていない状態なので上記に書いた通り、仔虫は寄生できないと死滅するので水換えなども行い1週間ほどは空回しして待ちましょう。また、すでにシスト化してる白点虫もいるので水槽やろ過機、砂、レイアウト用品は良く洗います。衝撃を与えるとシストから仔虫が出てくるという話も聞きます。

待機しているお魚たちは隔離している容器で水温を28℃~30℃に設定し、薬浴と毎日~2日1回の間隔で100%換水を行います。容器にシストがくっ付いてる可能性もあるので必ず容器やエアレーションはスポンジなどでよく掃除します。こうすればほとんどの白点虫は消えているはずなので1週間ほどで元の水槽に戻してあげましょう。

ここまで白点病の対策を書きましたが、仮にここで全員完治しても飼育環境が悪いとまた再発する可能性があります。なので飼育環境をお魚たちに合った環境にし、ストレス無く飼育できていれば季節の変わり目関係なく白点病の発症はほぼしません。もし何度も発症てしまう場合は飼育環境の見直しをしましょう(^^)

弊社はお魚の生態・性格等考慮してアクアリウム水槽を作っていますが、設置初期などでたまーーーに白点病になってしまうときがあります。そのときは上記のやり方を行い、お魚たちを完治させています(*_*;

今回はアクアリウム水槽の天敵・白点病とその対策について書かせていただきました!

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置・メンテナンスを行っています。

水草水槽やアロワナなどの大型魚水槽、海水魚水槽、テラリウム水槽など様々なジャンルを取り扱っています!もしご自宅、会社、飲食店、学校などなどアクアリウム水槽を置きたいけど迷っているという方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!(^^)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP