みんなの人気者、カクレクマノミ

みなさんこんにちは、アクアリンクスタッフ千葉です(‘◇’)ゞ

今回はお魚のご紹介をしていきたいと思います!

今回ご紹介するお魚は、某映画で有名になり、海水魚を知らなくてもこのお魚だけは知っている方も多いと思います!そのお魚は…

そう、カクレクマノミです!!

アクアリウム水槽をやっている方もこのお魚を入れている方がたくさんいるかと思います(*^^*)

体が比較的丈夫でそこまで大きくならない種類なので、初心者の方にも飼育しやすいお魚です!カクレクマノミといえば、イソギンチャクと戯れている姿をよく見ますが、実際はイソギンチャクがいなくても飼育することができますよ。ただ、本来の姿が見たい場合はやはりイソギンチャクが欲しいところですね!

彼らは、単独か、ペア同士か、数匹の群れでイソギンチャクとともに暮らしており、群れで体が一番大きい子がメスになり、その次に大きい子がオスになります。ほかの群れの子たちはオスでもメスでもなく中性になります。ペアになると岩に卵を産み、オスが孵化するまで守り、新鮮な水を鰭を使って送ります。この様子はうまくいけば飼育下でも見ることができます!生まれた子どもたちは難しいですが、育てることもできます(*^^*)

イソギンチャクに対しては自分たちを毒のある触手で天敵から守ってもらう代わりに、餌を見つけたらイソギンチャクの口元まで運んであげています!またイソギンチャクの天敵を追い払います。これを共生といいます!カクレクマノミはイソギンチャクの毒を受け付けない物質を体から出しているので無害なのです。ちなみにこの様子も飼育下で見ることができます!

アクアリウム水槽内では自然界のままの姿を見せてくれていて、自分が住んでいるイソギンチャクに近づくお魚がいると追い払ったりします。また、掃除しようと手を入れると噛みついてくることもあります…これがまた地味に痛いです( ;∀;)なので、飼いやすさ的には初心者向けなのですが、性格には注意したほうがいいかもしれません…。少し追い払うくらいで普段はおとなしい子もいれば、とにかく追い払ったり、執拗に追い回したりほかのお魚に噛みついたりする凶暴な子もいます。これも自然界の一部なのですが、水槽は逃げ場が少ないのでもし凶暴な子であれば別水槽で飼育したほうがよさそうです!

ちなみに夜はイソギンチャクに埋もれて寝ます。これがまた可愛いです…笑

そういえば某映画では、大きい体をした方がお父さんで、その次に小さい体をした方が息子ですが……現実で考えるとお父さんがメスになりますよね…笑

以上、今回はざっくりですがカクレクマノミについて語ってみました!

弊社は、水槽設置・メンテナンスを関東全域で行っています。カクレクマノミのような海水魚水槽のほかにも淡水魚水槽、古代魚水槽、海水風淡水魚水槽など様々なジャンルを取り扱っています!

もし水槽設置やメンテナンスをお考えのかたぜひ弊社にご相談ください!お待ちしております(*^^*)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, 海水魚水槽 タグ: , , パーマリンク