水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

長いヒレが美しいニューギニアレインボー

投稿日: 2021年08日19月 作成者: nakagawa

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です!(^^)/

 

今回は淡水インテリア水槽でオススメのお魚をご紹介します!

 

 

それがこちら!

灰色の体色が一見地味に見えますが、非常に長いヒレが特徴的なお魚、”ニューギニアレインボー”です!

ニューギニア中部、オーストラリア北部原産のレインボーフィッシュで、以前紹介したことのある”ポポンデッタ・フルカタ”や”バタフライ・レインボー”の仲間です。

大きさは4cmほどの小型のお魚です。

 

成熟したオスは体の側面に黒の縞模様が出現し、お腹や尻尾側がオレンジ色に染まり、背中にはメタリックブルーの色が出て非常に美しい姿になります。

また、普段ヒレが折りたたまれていますが、オス同士で行うヒレを広げるフィンスプレンディング(縄張りやメスを巡ってオス同士で争う行為)はとても圧巻です。

 

 

では以下飼育方法を書いていこうと思います!

 

まず水槽サイズですが、ニューギニアレインボーはよく泳ぎ回るので、小型魚ですが最低45cm水槽は容易してあげてください。

ニューギニアレインボーのオスメス1匹ずつであれば30cm水槽でも飼育は可能です。

 

濾過器は45cmなら底面式・外掛け式フィルター、60cm水槽以上であれば上部式や外部式フィルターを付けてあげてください。

 

レイアウトは水草、砂、流木、岩を入れた一般的な水草水槽をオススメします。

また水質は中性を好み、水温は20℃~25℃が適しています。水温は一定になるようにヒーターやファンは必ず取り付けてあげてください。

 

次にエサですが、人工飼料をよく食べてくれます。

上層や中層を泳ぐ種類なので浮上性のエサか、ゆっくり落ちていく沈下性のエサを与えてください。また口が小さいのでフレーク状や小粒のエサを与えてあげる必要があります。

 

混泳についてですが、ニューギニアレインボーは温和な性格をしているので他種同士混泳可能です。相手側が肉食魚だったり気性が荒い場合は逆にニューギニアレインボーが攻撃される場合があるので、そのような種類との混泳はオススメできません。

また、同種同士でもオス同士小競り合いをしますが基本的には可能です。

オスメス一緒に入れておくと繁殖を楽しむこともできますよ。

 

ニューギニアレインボーは飼育しやすい種類なので上級者だけでなく初心者でも挑戦できるお魚です。

もし美しい小魚を飼育したいなと思った方、このニューギニアレインボーはいかがでしょうか??(^^)

今回は美しいレインボーフィッシュ、ニューギニアレインボーのご紹介でした!

 

弊社は関東全域でインテリア水槽の設置やメンテナンスを行っています。

水草水槽や海水魚水槽、造花水槽、テーブル水槽、アロワナ水槽など様々なジャンルを取り扱っています!

もしインテリア水槽を置いてみようかお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!

 

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP