ヒーリングサロンにバーズアイ水槽

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はとあるヒーリングサロンに設置したバーズアイ水槽をご紹介します!

バーズアイ水槽ってそもそも何?と思う方がいると思います。バーズアイとはバーズ(鳥)、アイ(目)を意味しています。つまり、飛行している鳥が下の景色を見るように上から覗き見る水槽です!普通の水槽は四角だったり円柱型をしており、正面から見るものだと思われがちですが、実はこういった変わった水槽も存在します。もちろん正面から見ることもできます!さらに上が平らなので机としても利用することができます( ゚Д゚)

周りの家具に合わせて水槽の色は似たダークワインレッドを使用し、更にライトの色は青ではなく白をスポット的に照射し、より水中の風景が立体的に見えるようになっています。色もライトの雰囲気も部屋の家具や空間と同じにすることで完全に部屋全体に違和感なく馴染んでおり、おしゃれな水槽の形もあってインテリア性抜群です。

さらにこだわりとして、砂に波紋を描いて庭園のように造りこんでいます(*^^*)これは上から見れるバーズアイ水槽だからこそできる技ですね。

ちなみに入っているお魚はアフリカの一部の湖に生息しているアフリカンシクリッドと呼ばれる種類になります。淡水魚とは思えない美しい体色をしており、黄色・赤・青様々な色をした種類がいます。仲良く一緒に泳いだり、ちょっと喧嘩したり、砂を掘って巣を作ったり、様々な表情や仕草をみせてくれる面白いお魚です。実は産んだ卵を口で保護するマウスブルーダーと呼ばれる生態を持ち、実際見ると口をモゴモゴさせているのがわかります!子どもが孵化するまで餌を食べず守り続けるとても子ども想いなお魚なのです(*´▽`*)

ただ単にインテリアとして水槽を置くのも良いと思いますが、お魚を間近で観察するのも醍醐味ではないでしょうか??待合室で時間があるとき是非近くで見て見てください(#^.^#)

バーズアイ水槽は普通の水槽と違って構造が特殊であるため、それ相応の技術が必要になります。例えば水槽の机の部分、実は蓋になっているので外せます。そしてメンテンナンスなど終えてまた元に戻すとき、気泡が入ってしまうため中々上手く閉めることができません。しかし、アクアリンクはバーズアイ水槽の構造、管理の仕方すべてを網羅しているので一切問題を起こさずメンテナンス、管理することができます!なので安心してください(#^.^#)

このように私たちアクアリンクは四角い水槽だけでなく今回のようなバーズアイ水槽も取り扱っています。もし水槽導入をしたいが、変わった水槽が欲しいとお考えの方、是非バーズアイ水槽なんていかがでしょうか?インテリアとして置くのもアリ、おしゃれに机として使うのもアリです!

水槽の中身もアフリカンシクリッドだけでなく、アマゾンなどの川に住む熱帯魚、海に住む海水魚、アロワナなどの古代魚、造花水槽など様々な種類のジャンルを取り扱っています(設置事例)(*^^*)水槽導入お考えの方、是非アクアリンクにご相談ください!お待ちしております!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク 公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アフリカンシクリッド, バーズアイ水槽, 水槽 インテリア | タグ: , , , | ヒーリングサロンにバーズアイ水槽 はコメントを受け付けていません。

神奈川県にネイチャー水槽

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は神奈川県の個人のお客様宅に水槽を設置しました!

設置した水槽はネイチャーアクアリウム水槽になります!

ヘアーグラス(手前に生えている緑色の水草)を使用して草原を再現し、その中央を白っぽい化粧砂を用いて奥から手前に川が流れるようなイメージでレイアウトしております。今はまだお魚は入っておりませんが、もし入れるとその草原の上を泳ぐではなく、まるで群れて飛ぶ鳥のように見えます。

ネイチャーアクアリウム水槽と以前紹介したスタンダード水草水槽って何が違うのかと思いますが、簡単に言ってしまうと土・ライト・CO2を送る機械が付いているか否か、が違います。

画像に黒っぽい土があると思いますが、これはソイルと呼ばれる栄養が詰まった土を焼き固めたものです。水草の中で砂に根を張り栄養を吸収する種類はこのソイルが必要不可欠です。

ライトは植物にとって太陽の変わりで、太陽の光量と同じくらい強いものでないとしっかり育たない水草がいます。

また、CO2ですが、植物は二酸化炭素を吸って酸素を吐き出す光合成を行っています。この使われる二酸化炭素は空気中からわずかに溶け込むものと、入っているお魚が呼吸をおこなって吐き出すわずかな二酸化炭素を使って水槽内の水草は光合成を行っています。しかし、このわずかなCO2だけでは満足に光合成ができずうまく育ってくれない水草がいます。そこで人工的にCO2を送り込む機械を取り付けます。そうすることで水草は思う存分光合成ができます。

これらをすべて揃えることでスタンダード水草では育たない水草を育てることができたり、光・栄養・光合成不足で枯れてしまうのを防ぎ美しい緑色や赤色を保つことができます。あとはネイチャーアクアリウム水槽、スタンダード水草共通で使える液体肥料が存在したりします!

これだけ用意すれば管理は簡単なのかと言われると実はそうでもなく、栄養・光量・CO2の量がうまくバランス良く保たれなければコケがたくさん出てしまったり、水草の調子が悪くなったりします。なので水草の調子や水質を細かく観察しなければ美しい水槽は実現できません。弊社ではネイチャー水槽は月2回以上のメンテナンスを推奨しています。

ネイチャーアクアリウム水槽のメンテナンス、是非私たちアクアリンクにお任せください!管理が比較的難しいと言われていますが弊社は水草を上手く育て、同時に水質もお魚も管理できるノウハウがあります。

ネイチャー水槽の他にも海に住む生き物を扱った海水魚水槽、サンゴ水槽、川や湖に住むアロワナなどの古代魚水槽、アフリカの一部の湖に生息するアフリカンシクリッド、造花水槽を使った水槽など様々なジャンルを取り扱っています!(設置事例)もし水槽導入をお考えの方がいたらアクアリンクにご相談ください!(*´▽`*)

お待ちしております!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム, ネイチャー水槽, 未分類 | タグ: , , , | 神奈川県にネイチャー水槽 はコメントを受け付けていません。

TBSの番組にスッポン水槽!

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(*’▽’)

今回TBSで森泉さんが出演している番組のコーナーで私たちアクアリンク協力させていただきました(*^▽^*)

詳しい画像や詳細はまだお伝えすることができないのですが、また今度お話したいと思います!なので今回は画像はなしです…(;_:)

今回設置した水槽は、横幅2mのスッポン大型水槽です!実はその番組の次回予告で一瞬スッポンとスタッフがうつっていたりします(笑)

スッポンはカメの仲間で、かなりの大きさに成長します。また、口に入るものなら何でも食べてしまうため、小さいお魚などは入れることができないのですが、スッポン1匹でも迫力があります(*´▽`*)

今回の設置を行ったスタッフに話をお聞きしたところいろいろ大変だったみたいです。まず水槽の搬入が、ちょうど季節外れの雪が降っており、手が滑りやすくなって水槽を思わず落としそうになったみたいです( ゚Д゚)また、設置する場所までの道のりがとても狭く、壁も水槽も傷つけないように移動させたそうです。水槽も大型なので重さも凄まじいですね…!

水槽のデザインは”明るく”とのことだったので、水槽台やフードカバーは白に近い色を用いてます。また今回のろ過はオーバーフローと呼ばれる海水魚で主に使われているろ過方法なのですが、その配管がアクアリンクでは黒を多く使っているのですが、今回は透明色を使用しています!

スッポンなどのカメは力が強く好奇心旺盛なのでなんでも齧ろうとします。水槽の下から上に出てる泡は砂の中に埋まっているエアーカーテンから出しているのですが、それを繋いでるチューブをカメにかじられないようにオーバーフローの配管の内側に入れて隠す工夫をしています。こちらも弊社はチューブは主に黒を使用していますが、それだと目立ってしまいますので、透明なチューブを使用しています。

また、スッポンを入れる時は爪に引っかかれないように手袋を使用して入れたみたいです(>_<)確かにあんな鋭い爪でひっかかれたら怪我しますよね、、!大型水槽の設置は朝から夜18時までかかる大掛かりな作業でした。

森泉さんはこんかい建てた家に住むとのことでしたので、是非スッポンを可愛がっていただけたらなと思っています(^_^)ちなみに今現在スッポンの餌は大工さんにあげてもらっているとのことです!笑

また森泉さんはプレコ(ナマズの仲間)が好きみたいなので今回のスッポン水槽にプレコが入っています!水槽面に付いた汚れを食べてくれるお掃除屋さんです(^_^)v

アクアリンクは他にもオフィスやナイト系のお店、個人のお客様などの設置やメンテナンスも行っています!今回のスッポン水槽はもちろん、川や湖に住む淡水魚水槽、海に住む海水魚水槽、古代魚水槽、様々なジャンルを扱っています!(設置事例)もし水槽でお悩みの方がいたらぜひアクアリンクにご相談ください!お待ちしております(*^▽^*)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: スッポンモドキ水槽, 撮影用, 未分類 | タグ: , , , | TBSの番組にスッポン水槽! はコメントを受け付けていません。

六本木に球体型水槽

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回ご紹介する水槽は六本木のオフィスに設置した水槽になります!

珍しい球体型の水槽です!水槽といえば正方形や長方形の角があるガラスの入れ物を想像するかと思うのですが、実はこのような角がない球体型の水槽も存在します。あとは円柱型水槽もありますね。

このような球体型水槽の特徴は横から360°はもちろん、上からも下からも水槽の中身が見えることでしょうか。普通の四角い水槽は上にライトや蓋などを置いている場合が多く、上から水槽内見ることはほぼできません。

また、今回のような造花水槽ととても相性が良く、どの角度からでも水中に咲く草花を見ることができます!

設置を行ったオフィスの床が黒が多いため、水槽の中心の柱も黒くすることで水槽の存在が違和感なく周りとうまく溶け込みまさにインテリアとして存在しています。水槽の色合い周りの風景、造花も含めると今回はとても落ち着いた雰囲気を醸し出していますね。

水槽内にいるお魚も川に住む淡水魚で、ゆっくりと自由気ままに泳ぐ種類が多いため、見ているだけで心が安らぐのではないでしょうか。

実はこの造花水槽、弊社が取り扱っているジャンルで最もアレンジができる種類です。例えば、今は赤・青・黄色・白の花が使われていますが、夏は葉を多くしたり、秋は紅葉やハロウィン、冬はクリスマス、春は桜の花など様々な造花や飾りを使ってイメージを変えることができます!他にもお好きな花や色などリクエストがあればそれらの造花を集めてレイアウトすることが可能です。子どもから大人まで人気のある造花水槽、是非いかがでしょうか?(*^^*)

アクアリンクスタッフは造花レイアウトの技術がとても高く、どんな水槽の形でも、どんなお客様のご意見も確実にご満足いただける形に仕上げます。もちろんその場限りの美しさではありません。やはり造花も汚れてしまうことがあるため、そのときはこちらで洗浄を行い、もとのきれいな草花に戻すことができます。

もしこのような球体型水槽や造花水槽が気になる方がいたら是非アクアリンクにご相談ください!弊社は業界唯一の自社工場があるので、インテリアとして置きたい場合は周りの空間や色合いに合った水槽を、子どもに見せたいならば背の低い水槽など臨機応変に対応できます!

また、今回の造花水槽の他にも本物の水草や流木を入れた淡水魚水槽、海の生き物達を扱った海水魚水槽、古代魚水槽など様々なジャンルを取り扱っています(^_^)

皆様のご連絡、お待ちしております!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 未分類, 水槽 インテリア, 水槽設置 東京 | タグ: , , , | 六本木に球体型水槽 はコメントを受け付けていません。

お魚の豆知識①

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は水槽のご紹介ではなく、お魚の豆知識を記事にしていこうと思います(^_^)v

熱帯魚業界ではポピュラーだけどとても綺麗で人気が高いお魚ネオンテトラとカージナルテトラ。

この2匹とっっても似ていますが、実は体の構造は全然違うみたいなんです( ゚Д゚)赤いラインが途中で切れているのがネオンテトラ(画像上)、頭から尻尾までラインが続いてるのがカージナルテトラです。(画像下)

実際一緒に水槽に入れてみるとみんな自分が誰なのかしっかり理解しているみたいで、カージナルテトラとネオンテトラ見事に別々の群れを作ります!似てるのによくわかりますよね…。

実はほとんどのお魚にはとても面白い特徴があります。この2種類で見て見ましょう、よく見て見てください。背中側が黒っぽく、お腹側が白っぽく見えませんか??

これには意味があります。体の小さなお魚は自然界では天敵がたくさんいます。空からは鳥が、水中からは大型魚や魚食性の生き物達。彼らの捕食を逃れて小魚たちは日々一生懸命生きています。捕食者たちから少しでも逃れるために身に付けた術、それが先ほどの背中とお腹の色合いです。

空や小魚の上から狙うとき、水の底が暗く見えるので、背中が黒いとその暗さに溶け込むため、敵は狙いずらくなります。逆に下からの場合、太陽の光が水中からだと白く見えるので先ほどと同様でお腹の白がうまく溶け込むのです!すごい…( ゚Д゚)このことを”カウンターシェービング”と呼ばれたりしています(^_^)

実は世界最大のイカ、ダイオウイカもこの特徴を持っています。すべての種類ではないのですが、ほとんどの生き物がこの特徴を持っています。

もし水槽をお持ちだったり、水族館などで魚を見る機会があったら是非観察してみてください!彼らの敵から逃れる戦術ですね!

 

さてさて話は変わり、同じネオンテトラの仲間、ラミーノーズテトラというお魚をご存知でしょうか?

真っ赤な顔に、しましまの尻尾、とても可愛らしい見た目していますね!

ラミーノーズ…なんでこのような名前が付いたのでしょうか?

実はラミーノーズテトラの顔がお酒(ラム酒)を飲んで酔っ払って見えるからラミーノーズと名前が付けられたそうです(笑)泳ぐときも実は酔っ払ったようにフラフラと…なんてことはなく、群れをなして元気に泳ぎまわります!ネオンテトラはふわふわとゆっくり浮遊するように泳ぐのですがラミーノーズちゃんはかなりの速度で泳ぎまわります。でもとっても大人しく仲間や他のお魚をいじめたりすることは基本的にありません(*^^*)赤の発色がとても綺麗なので水草水槽にオススメです!

 

以上、お魚の豆知識でした!(*´▽`*)

次回はまた弊社の水槽紹介をしていきたいと思いますのでよろしくお願いします(*^-^*)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム, 熱帯魚 | タグ: , , | お魚の豆知識① はコメントを受け付けていません。

水槽台を本棚に改造!

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回ご紹介するのは、最近設置した埼玉県のクリニック様になります(*’▽’)

こちらは幅が1200mm、奥行200mmのアクアリウム水槽になります。中は海をイメージしている海水風淡水魚水槽で、アフリカンシクリッドと呼ばれる種類のお魚が泳いでいます!

タイトルにもある通り、水槽台の一部を本棚に改造してあるのが今回ご紹介するアクアリウム水槽の一番の特徴ですね(*’▽’)

病院は待ち時間が長く、退屈すると思います。また、診察とかいろいろ考えると緊張したり、不安になったりしますよね…。そんなとき、皆さんは何をして暇をつぶしたり緊張をやわらげていますか?携帯、持ってきた本、ぼーっとする、色々あると思います。もし目の前に水槽や本があったらつい見てしまいませんか??自由気ままに泳ぐ魚に癒され、いつの間にか診察の順番が回ってきたり、不安や緊張がなくなっているのではないでしょうか?水槽台にある気になる本を手に取るときに水槽が見れて、席に戻って本を読み、戻すときにも水槽が見れて…時間が一瞬で過ぎちゃいそうですね(*^^*)

今回水槽に入れているアフリカンシクリッドは、アフリカンの名前の通りアフリカの湖に住んでいるお魚です。黄色や赤、青、まるで海水魚のような鮮やかな色味を持っています!そこそこ大型になる種類で、最初は小さいサイズですが成長が早く、次に来たときは二回り以上は成長しているかもしれません(笑)また、大きくなるとたま子どもを生むことがあります。アフリカンシクリッドは卵を口で保護する習性があるので大きくなってきた子がいたら口を見て見るのも面白いかもしれません!もしかしたら、岩の隙間から赤ちゃんアフ

リカンがいるかも、、??他の熱帯魚とは全然違う魅力があるお魚です!今回本棚に改造されたこの水槽、熱帯魚ショップに行っても売っていません。完全に弊社オリジナル水槽です。業界唯一の自社工場があるので、水槽だけでなく水槽台も今回のように様々なものに作り変えることができます。水槽台は水槽と水槽用の機械を置くだけでなはいというのを証明してくれてます!もし水槽置きたくて水槽台にアレンジを加えたいとお考えの方がいたら是非アクアリンクにご相談ください!先ほども書きましたが、自社工場があるのでお客様のご要望1つ1つにお応えすることができます!

また水槽の中身も今回のアフリカンシクリッドだけでなく普通の淡水魚、海水魚、アロワナなどの古代魚、様々なジャンルを取り扱っています!是非他の設置事例を見て見てください!(設置事例)

皆さまのご連絡お待ちしております!水槽の設置は埼玉県だけではなく、関東全域でおこなっています(*^^*)

水槽プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム, アクアリウム埼玉, アフリカンシクリッド | タグ: , , , | 水槽台を本棚に改造! はコメントを受け付けていません。

水槽とムーミン!

皆さんこんにちは、千葉県に住んでいる千葉です(*’▽’)

今回は面白い水槽をご紹介したいと思います!

なんと、ムーミンと水槽のコラボです!こちらはとある小児科クリニック様で設置をしております。水槽を半分に仕切り、半分はムーミンのジオラマ、半分は水位を低くし、ムーミンが楽しく釣りをしているように作られた水槽になっています!アクアリウム水槽はこういう何かのキャラクターや置物を置いて雰囲気出したりと応用が利くので本当に面白いですね。いつかムーミンが垂らす釣り糸にお魚がかかるかも、、?!

大人の私でもワクワクするので、子どもたちにとってはとても喜ばれるのではないでしょうか(*’▽’)特に病院の待ち時間は子どもにとっては退屈で、とても不安だと思います。そのような中でこんな面白い水槽があるとつい見入ってしまい、退屈も不安も消し飛ぶのではないでしょうか(*^^*)ライトにもこだわっていて、今回は白と青の2本を使用しています。草原にいるムーミンたちには太陽の光を再現した白のライト、釣りをしている水槽には水中を幻想的に照らす青のライトを使用しています。水槽のお魚たちもしっかり元気に泳いでもらうように水中に入れられるろ過器(水をきれいにしてくれる微生物の家のようなもの)を入れています(^_^)v

このようなアクアリウム水槽を作れるのはアクアリンクだけです。何故かと言うと、弊社には水槽を作る自社工場があります。なので、依頼されれば今回のムーミン水槽のように水槽を中央で仕切って左右で違う風景を楽しむということもできます。また、ここに水槽を置きたいのに売っている水槽だとあと1mm足りないという事態もありません!

子どもを喜ばせたい、インテリアや風水で置きたい、鑑賞用として置たい、様々な理由で水槽をお考えの方がいると思います。是非我々アクアリンクにご相談ください!お客様の要望1つ1つ聞き、確実にお応えすることができます(^_^)vまた、水槽のジャンルも海水魚水槽、淡水魚水槽、アロワナなどの古代魚水槽、水位を低くして陸地を見せるテラリウム水槽など様々なものを取り扱っています!ぜひ他の設置事例を見て見てください(設置事例)

ぜひお待ちしております(^_^)水槽の設置は関東全域でおこなっています!

水槽プロデュース企業アクアリンクの公式サイトはこちらから!

 

カテゴリー: アクアリウム, 未分類, 水槽設置 | タグ: , | 水槽とムーミン! はコメントを受け付けていません。

新宿区にエアーパーテーション水槽

皆さんこんにちは、アクアリンクスタッフの千葉です(‘◇’)ゞ

今回は、東京都新宿区にあるエアーパーテーション水槽のご紹介をしたいと思います。

エアーパーテーション水槽とは、魚などの生き物を一切入れず、泡のカーテンのみの水槽のことです。

水槽に魚を入れるだけがすべてではありません。このように青い光に照らされながらぶくぶくと揺れ上にいく泡は魚が入った水槽とは全くことなる幻想的な雰囲気を醸し出しています。

今回のこの水槽はお店の通路ろVIPルームを区切るように置いてあります。この水槽なんと厚みがたったの5cmで幅もとらず部屋の空間を幻想的でゴージャス感と雰囲気をガラリと変えるというインテリア性からみても抜群の効果を発揮しています。お酒を飲みながら横目で見て、つい思わず見とれてしまうのではないでしょうか?

これだけ光を当てていて、ガラス面にコケなどの汚れが出ないかと思われるかと思いますが、特殊な薬を入れているためそのような心配もいりません(#^^#)

アクアリンクは独自の自社工場があるので、”ここをこういう風に置きたくて、水槽のサイズはこのぐらいが欲しいです”というお客様の案に確実にお答えできます。普通に売られている水槽はすでにサイズが決定されているため、あと1mm足りないなど満足いく水槽が中々見つからないかと思います(>_<)水槽設置でお悩みの方がいたらぜひアクアリンクにご相談ください!先ほども書きましたが、自社工場があるので、インテリアとして置きたい、壁を加工して置きたい、風水として置きたい様々な意見にお答えし、周りの部屋などの空間に違和感なく溶け込ませることができます!また、我々が取り扱っている水槽は、今回のエアーパーテーション水槽だけではなく、魚が入った淡水魚水槽、海水魚水槽、アロワナなどの古代魚水槽、造花が入った水槽、様々なジャンルを取り扱っています!(設置事例)

 

水槽空間プロデュース企業アクアリンク 公式サイトはこちらから!

 

カテゴリー: エアーパーテーション水槽, 水槽 インテリア, 水槽設置 東京 | タグ: , , , , | 新宿区にエアーパーテーション水槽 はコメントを受け付けていません。

神奈川県のサンゴ水槽

皆さんこんにちは、アクアリンクスタッフの千葉です(‘◇’)ゞ

今回は神奈川県横浜市にある水槽のご紹介をしたいと思います!

こちらは個人のお客様なのですが幅180cmの大型水槽になります。中は海水魚水槽でも本物のサンゴが入ったハイクオリティ海水魚水槽になります!実はここの空間、もともと水槽を置くためにこのような設計になっているのではなく、後付けで設計したものなのです( ゚Д゚)最初はただの壁だったんです。そんな風には見えないですよね。

この水槽の周りの台はかなりこだわりを持って作られています。色は周りに合わせた白を用い、例えば右側は角になっていますが左側は丸みを持たせたり、水槽台の中に入っているクーラーの廃熱を逃がすところはスピーカーのような丸型の穴になっていたり、統一感を持たせつつ存在感を要所要所にいれているハイセンスなデザインとなっています。

水槽はお魚たちが賑やかに泳ぎつつ、美しく光る散りばめられたサンゴたちが高級感を出し、その部屋の空間に合うかなりインテリア性が高い水槽になっているのではないかと思います。

サンゴは普通にお魚を飼育している感覚ではきれいに維持することができません。すこしでも水質が悪くなってしまうと調子を崩してしまったり…。機材も、特殊なライトを使ったり、機械を使ったり、水流を起こすポンプが必要だったり・・・それだけではなく、知識も相当に必要になってきます。我々アクアリンクはそういったサンゴに必要な知識や技術が豊富にあるため、写真のように美しく元気に飼育することができます。

もしインテリアとして水槽を置きたい、壁などを加工して水槽を置きたいという方がいたらぜひアクアリンクにご相談ください!置きたい空間に確実に合う水槽を独自の自社工場で作成し設置することができます。また水槽の中身もサンゴ水槽だけではなく、海水魚だけの水槽や川にすむ淡水魚水槽、古代魚水槽、様々なジャンルを取り扱っています!(設置事例)

水槽の設置は神奈川だけでなく、関東全域で行っています(^_^)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク 公式サイトはこちらから!

カテゴリー: サンゴ水槽, 水槽 インテリア, 水槽設置 | タグ: , , , , | 神奈川県のサンゴ水槽 はコメントを受け付けていません。

カウンターバーに水槽を設置

皆さんこんにちは、アクアリンクスタッフの千葉です(‘◇’)ゞ今回ご紹介する水槽は、カウンターバーに設置した海水風淡水と呼ばれるアクアリウム水槽になります。

今回のアクアリウム水槽は幅と奥行きが小さめですが、高さがある水槽になります。この水槽の中身は海水風淡水水槽といって海に生息していたサンゴが死んでしまい、白化してしまったものを岩として使い、海水魚水槽で使われる砂を底に敷き、青いライトで海中を再現しています。そこの中に入るお魚は海水魚ではなく、川などに住む淡水魚になります。淡水魚といえば水草と一緒に飼育されているイメージが強いと思いますが、実はこんな風に海の雰囲気を漂わせる空間にも淡水魚を入れることができます。

また、高さがあることによって岩を高く積みやすく、ドロップオフ(海に存在する崖のような地形)を再現することもできます。同時に本物ではないのですが、レプリカのサンゴを岩の隙間などに配置することでさらに海中の再現度が増します。このような小さいアクアリウム水槽でもカウンターバーの片隅に置くだけでかなり高級感が溢れる空間になるのではないでしょうか?

実はこの水槽、初期費用はわずか¥19,800です。水槽を置く専用の台もなく、必要なものは水槽を置くスペースと電源1個のみです。このような簡易的なものでも空間をガラッと変え、高級感あふれるものに変えることができます。

アクアリンクならば、例え初期費用が安くてもこのように周りの空間に違和感なく溶け込ませ、更に極上の雰囲気に変貌させることができます。もし安く水槽を置きたいなとお考えの方、是非私たちアクアリンクにご相談ください。お客様からのお話を聞き、どの水槽サイズがいいのか、中身はなにがいいか、ご要望に合ったものを確実に揃えることができます。一番の問題はおそらく水槽のサイズ。ショップに売っているものだと、ここに置きたいのにあと1mm足りないなど中々合う水槽が売っていないことが多いと思います。しかし我々は業界唯一の自社工場を持っているので、置きたいスペースに確実に合う水槽を作ることができます!

今回の海水風淡水魚だけではなく、本物の海のお魚を使った海水魚水槽、先ほどもお話した水草水槽、造花を使用した造花水槽、アロワナなどの古代魚を扱った古代魚水槽、様々なジャンルを取り扱っています!ぜひ他の設置事例を見て見てください!インテリアとして、風水として、鑑賞として、様々な理由があると思います。もし水槽のことでお悩みの方がいたらぜひアクアリンクにご相談ください!水槽の設置やメンテナンスは関東全域で行ってます(#^^#)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

 

カテゴリー: アクアリウム, アクアリウム 水槽, 海水風淡水魚水槽 | タグ: , , | カウンターバーに水槽を設置 はコメントを受け付けていません。