淡水水槽の黒いコケ

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は淡水魚のコケについてお話したいと思います。空間演出や水槽インテリアとして置く場合、見た目が悪いコケは天敵です。すべての種類のコケについてお話するととんでもない長さになってしまうので、1種類だけに絞ろうと思います!他のコケはまた次の機会に…!( ゚Д゚)

今回は、淡水魚水槽、特に水草で厄介なのが水草や流木に付いて増える黒ヒゲゴケです。

この黒いフワフワとしたものが黒ヒゲゴケになります。恐ろしく見た目が悪いです(T_T)おそらく熱帯魚飼育者のほとんどの方はこのヒゲゴケに悩まされたことがあるのではないでしょうか?

このヒゲゴケは最初は流木などに小さく存在しているだけですが、放置しておくと写真のように爆発的に繁殖して流木・岩・水草、更にヒーターや水温系、水に浸かっている人工物にまでくっ付いて増え続けていきます。

ヒゲゴケ自体にはお魚に無害ですが、ヒゲゴケが出るということは水槽の何かが悪いということです。その悪いことを改善しない限りお魚や水草にも影響が出てしまいます。なので、黒ヒゲが出たから駆除するのではなく、黒ヒゲが出たから何が悪いのか原因を突き止めそこを改善しない限り黒ヒゲを完全に駆除したとしてもまた出てきてしまいます。

黒ヒゲは水槽内の水の循環が悪く水の淀みができるスペースがあったり、お魚の量や水槽の大きさに対し使っているろ過器のスペックが合っていなかったり、ろ過器の中のろ材が古くなり酸化し水が酸性に傾くと出やすくなります。

私たちは水槽に対しワンランク大きいろ過器を使ったり、ろ材が古くなる前に新しいものに変えて事前にヒゲゴケが出るのをなるべく防いでいます。それでも出てきたものは、人間の手で取るのは困難なのでとあるお魚に手伝ってもらいます!

それがこのサイアミーズ・フライングフォックスです。

このサイアミーズ、なんとヒゲゴケが大好物なのです( ゚Д゚)90cm水槽で大繁殖していたヒゲゴケにこの子を5~6匹入れたところ、瞬く間にヒゲゴケが消え去りました。もちろんろ材を交換するなどこちらもできることをした上でですが…。小さい口で岩や流木などをコチョコチョしながら移動する様子は地味な見た目に反して中々可愛らしいです(*’▽’)

ただ、大きくなったり人口餌に餌付いてしまうとどうやらヒゲゴケ駆除能力は下がってしまうみたいです。かなり大型になるので、小型水槽でサイアミーズを入れる場合は注意が必要ですね。俊敏に動き回りますが性格は基本的に穏やかです。他のお魚に目もくれずひたすら流木など口を付けて動き回ります(笑)

水槽インテリアは汚れは厳禁です。しかし、人間の手ではやはり限界なところがあるため、サイアミーズなどのようなコケ対策の生き物たちに手伝ってもらっています。水槽が綺麗に維持できるのは彼らの働きもあるので本当に感謝です(#^.^#)インテリアとして癒される水槽を置いたけど汚れがひどいという場合、是非コケ対策のお魚たちを入れてみてはいかがでしょうか?(*^^*)

カテゴリー: 水槽 インテリア, 熱帯魚水槽 | タグ: , , , , | 淡水水槽の黒いコケ はコメントを受け付けていません。

東京のオフィスに大型サメ水槽

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回ご紹介するアクアリウム水槽はとあるオフィスに設置した大型円柱水槽です!

2mの大型水槽、中にいる生体は……なんとサメです!!

ブラックチップシャーク(ツマグロ)です!全長1.6mになるメジロザメの仲間です。

オフィス内は和をイメージした竹細工の空間が広がっていますが、このアクアリウム水槽は対照的なステンレス調でできています。そのため見た目以上に存在感と迫力が出ています。

水槽が大型になるに比例して水槽内に送り込むポンプのサイズは大きくなっていきます。そして大きくなる分音も大きくうるさくなっていく特徴があります。しかし、アクアリンクではとあることをしてそのポンプの音をなくすことに成功しています。近づいても多少は水の音はしますが、ほぼ無音です。”あること”は残念ながら企業秘密です(*_*;

またサメですが、サメは魚類とはいえ普通の海水魚より繊細です。水質の悪化、水温、ストレスに非常に敏感で、ほんの少しでも水槽内の環境が崩れると一気にサメは状態を崩してしまいます。見た目はイカつくても体は非常にか弱いのです…。そのためサメの飼育はかなり難しい部類に入ります。しかし弊社はこのサメたちの長期維持に成功しています。弊社スタッフはサメの飼育の知識技術があるのでサメは健康そのものです(*^-^*)

メンテナンスする際、サメに噛まれたりしないの?と思う方いるかもしれません。このブラックチップシャークはサメの中でも温厚な性格をしていて、自分から襲うことは基本的にないです(^^)むしろ臆病でもあるので、手を入れたりするとサメ側が驚いて逃げまどいます。なのでガラスにぶつかって怪我しないようにさせないのも注意しないといけません…。ただ空腹時だったり、血の臭いを水中に充満させると……怖いですね(*_*)餌はイカやエビなどの切り身やクリルを与えてます。海水魚と違って人口餌使えないので基本的にお客様に手上げしていただいています。

ちなみにブラックチップシャークの別名”ツマグロ”の名前の由来ですが、”ツ マグロ”だからマグロの仲間!?…ではなく、各ヒレの先端(つま先)が黒く染まってるから、”ツマ(つま先が)グロ(黒い)”と名付けられたのですよ(*^-^*)

弊社は普通のアクアリウム水槽だけではなくこのようなサメなどの大型魚のメンテナンスも取り扱っています。もし普通のお魚じゃ物足りない、もっとインパクトや迫力が欲しいと思っている方、サメはいかがでしょうか?先ほども書きましたが、私たちはサメの飼育技術も知識もしっかりあるので長期維持ができています!なので安心してご相談ください!

サメ水槽以外でも海水魚、淡水に住む熱帯魚やアロワナなどの古代魚水槽、フェイクフラワーを用いた造花水槽、さまざまなジャンルを取り扱っています!(設置事例)水槽導入をお考えの方、ぜひアクアリンクにご相談ください!

お待ちしております(*’▽’)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, サメ 水槽, 水槽設置 東京 | タグ: , , , , | 東京のオフィスに大型サメ水槽 はコメントを受け付けていません。

海水魚水槽のコケ対策といえばシッタカ貝

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は水槽のご紹介ではなく、生き物の紹介をしたいと思います(^_^)v

海水魚水槽をやっている方、気になっている方、これから始めたいと思っている方、水槽面に付いた茶色や緑のコケに悩まされることはありませんか?また、これが生える原因は水質・光の強さや時間、様々な理由があります。そしてコケを取り除く方法もまた様々です。自分でスポンジなどを用いて磨いたり、水質を改善したり、光量を抑えてみたり…。インテリアとして置いている方、汚れは絶対NGですよね。今回はコケを取り除くのが大得意のある生き物をご紹介したいと思います(*^^*)

それはシッタカ貝と呼ばれている貝の仲間です!

こちらが水槽お掃除大好きシッタカくんです。

もしかしたら気持ち悪いと思われる方もいるかもしれません…。

このシッタカ、ガラスのコケを掃除してくれる能力に関しては右に出るものはほぼいないほど効果絶大です。壁や岩に張り付いて自由気ままにゆっくりと移動して餌(コケ)を見つけると口の中にある歯舌(しぜつ)と呼ばれる人間で言う歯のようなもので削り取って食べます。シッタカは数を入れれば入れるほど効果が出ます。ただ入れすぎはちょっと気持ち悪いかもしれません(笑)

色鮮やかな海水魚と比べたら地味な形で地味な体色ですが、美しいインテリアとして海水水槽を維持するには必須なのではないでしょうか?

このシッタカくん、日本の海ほぼ全域に生息して、よく見るとあちらこちらにいます。”シッタカ捕まえて水槽に入れよう!”と捕まえて……はいけません!!実はシッタカは沖縄などで食用にされていて、捕まえてしまうと漁業権に引っかかりつかまってしまいます…( ゚Д゚)なのでショップなどで売られているシッタカは意外と貴重なのです。

もし水槽にシッタカがいたら是非観察してみてください。ただコケを食べてるだけと思いがちですが結構面白いやつです。

コケがすぐそばにあるのに何を思ったのか通りすぎたり、ゴンベやエビなどの生き物に踏み台にされてそのまま移動手段にされたり、シッタカ同士が絡み合ってひっくり返ったり…。さらにコケ取り優秀ですが自分の貝殻にコケやゴミが付いてるのに自分の貝殻は自分で掃除できません!それをいいことに(?)フジツボや海藻類の良い住処にされています(笑)時にはこんな子もいます。

海藻付きすぎでもはや本体の貝殻が見えない…!!!

そんなシッタカくん、最期はとても儚いものです。ひっくり返ったら何か掴まれるものがない限り起き上がれずそのまま死んでしまいます。また、水槽のコケを食べ尽くすと新しいコケが生えてくるまでに餓死してしまう子もいます。なのできれいな水槽を保つにはシッタカを絶やさないようにしないといけません。ちなみに死んでしまった貝殻を手に持って臭いをかいではいけません…(;’∀’)

優秀で頑張り屋でおちゃめで最期は儚い、それがシッタカという貝です!

いかがでしたでしょうか?豪華で癒されるインテリアとして置いていたけど汚れがとても気になる、水槽のコケが気になって手入れが大変…是非この貝をオススメします。もし気持ち悪いと思ってる方もこのブログを読んで少しでも好きになってもらえたらと思います(笑)弊社でもとってもお世話になっているやつです!この貝もアクアリンクの月1回メンテナンスがうまくいっている要因の一部です!

今回はコケ取り部隊の1匹、シッタカ貝の紹介でした!

それではまた次のブログで!( `ー´)ノ

水槽空間プロデュース企業アクアリンク 公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 水槽 インテリア, 海水魚水槽 | タグ: , , , , | 海水魚水槽のコケ対策といえばシッタカ貝 はコメントを受け付けていません。

海水風淡水魚水槽

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回ご紹介するアクアリウム水槽は一風変わった海水風淡水魚水槽になります!

一見、海水水槽じゃないか?珊瑚入ってるし…と思われるかもしれません。実は淡水なのです。水も塩水じゃなくて真水です。お魚も今回写真に写っているのはアフリカンシクリッドと言って、アフリカの湖に生息するれっきとした淡水魚です!

じゃあなぜ海っぽく見えるのかと言いますと、岩は元々海にあったライブロックと呼ばれる岩やサンゴが死んでしまい白化したものを使用し、砂はこちらも海から持ってきたサンゴ砂と呼ばれるもの、ライトは海中を再現した青色を使っています。サンゴは実はこれはレプリカサンゴという偽物のサンゴを使用しています。

海水では生きられない淡水魚ですが、こういった物を使用しても以外と大丈夫なのです。海水魚水槽は初期費用も高く、飼育も淡水魚に比べたら難しく、お魚一匹一匹も安くありません。でも海が好きで安く水槽を設置したい、もしくは水草の水槽に飽きてしまったという方にこの淡水魚水槽をオススメしています。偽物の海でもここまでリアルに再現できてしまいます。

今ご紹介したアフリカンシクリッドは普通の熱帯魚より色合いが黄色・赤・青など様々で、海水魚のように派手な体色をしています。このお魚も海を再現するのに一役買っていますね!もちろんネオンテトラやエンゼルフィッシュ、グッピー、ヤマトヌマエビなども入れることは可能ですよ!グッピーなんかは調子が良いとどんどん子どもを生んでくれます(笑)ただ、アフリカンシクリッドとこれらの熱帯魚同士の混泳はNGです。エンゼルフィッシュなどの体の大きいお魚はほぼ問題ないですが、小さいお魚や大人しいお魚はアフリカンシクリッドに食べられてしまったり、気が荒いため襲われたりしてしまいます…(;_:)

また先ほど紹介したライブロックと呼ばれる岩は生きているときは茶色や黒に近い色をしているのですが、死んで白化するとその名の通り白くなります。それに床に敷いてある白いサンゴ砂を合わせて見るととても涼し気な印象を与えます。レプリカサンゴを入れるとそれに加えて派手で豪華になりますね。

さらにさらに海水風淡水魚、実は他のジャンルのアクアリウム水槽と違ってアレンジが豊富にできます!例えばレプリカサンゴではなく人工の水草を使って落ち着いた感じに、季節に応じた造花やフィギュア(ハロウィンのかぼちゃやクリスマスのサンタなど)を置いて雰囲気を出したり…考えるだけで楽しめちゃうのがこの海水風淡水魚水槽の魅力の一つです!(*^^*)

もしアクアリウム水槽を設置したいけど安価で済ませたい、水草に飽きてしまって雰囲気を変えたいという方がいたら是非アクアリンクにご相談ください!今回の海水風淡水魚はもちろんお客様のご希望に合わせたアクアリウム水槽をご提案させていただきます!水草水槽、造花水槽、海水水槽、テラリウム水槽様々なジャンルを取り扱っています!(#^.^#)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク 公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム 水槽, アフリカンシクリッド, 海水風淡水魚水槽 | タグ: , , | 海水風淡水魚水槽 はコメントを受け付けていません。

ヒーリングサロンにバーズアイ水槽

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はとあるヒーリングサロンに設置したバーズアイ水槽をご紹介します!

バーズアイ水槽ってそもそも何?と思う方がいると思います。バーズアイとはバーズ(鳥)、アイ(目)を意味しています。つまり、飛行している鳥が下の景色を見るように上から覗き見る水槽です!普通の水槽は四角だったり円柱型をしており、正面から見るものだと思われがちですが、実はこういった変わった水槽も存在します。もちろん正面から見ることもできます!さらに上が平らなので机としても利用することができます( ゚Д゚)

周りの家具に合わせて水槽の色は似たダークワインレッドを使用し、更にライトの色は青ではなく白をスポット的に照射し、より水中の風景が立体的に見えるようになっています。色もライトの雰囲気も部屋の家具や空間と同じにすることで完全に部屋全体に違和感なく馴染んでおり、おしゃれな水槽の形もあってインテリア性抜群です。

さらにこだわりとして、砂に波紋を描いて庭園のように造りこんでいます(*^^*)これは上から見れるバーズアイ水槽だからこそできる技ですね。

ちなみに入っているお魚はアフリカの一部の湖に生息しているアフリカンシクリッドと呼ばれる種類になります。淡水魚とは思えない美しい体色をしており、黄色・赤・青様々な色をした種類がいます。仲良く一緒に泳いだり、ちょっと喧嘩したり、砂を掘って巣を作ったり、様々な表情や仕草をみせてくれる面白いお魚です。実は産んだ卵を口で保護するマウスブルーダーと呼ばれる生態を持ち、実際見ると口をモゴモゴさせているのがわかります!子どもが孵化するまで餌を食べず守り続けるとても子ども想いなお魚なのです(*´▽`*)

ただ単にインテリアとして水槽を置くのも良いと思いますが、お魚を間近で観察するのも醍醐味ではないでしょうか??待合室で時間があるとき是非近くで見て見てください(#^.^#)

バーズアイ水槽は普通の水槽と違って構造が特殊であるため、それ相応の技術が必要になります。例えば水槽の机の部分、実は蓋になっているので外せます。そしてメンテンナンスなど終えてまた元に戻すとき、気泡が入ってしまうため中々上手く閉めることができません。しかし、アクアリンクはバーズアイ水槽の構造、管理の仕方すべてを網羅しているので一切問題を起こさずメンテナンス、管理することができます!なので安心してください(#^.^#)

このように私たちアクアリンクは四角い水槽だけでなく今回のようなバーズアイ水槽も取り扱っています。もし水槽導入をしたいが、変わった水槽が欲しいとお考えの方、是非バーズアイ水槽なんていかがでしょうか?インテリアとして置くのもアリ、おしゃれに机として使うのもアリです!

水槽の中身もアフリカンシクリッドだけでなく、アマゾンなどの川に住む熱帯魚、海に住む海水魚、アロワナなどの古代魚、造花水槽など様々な種類のジャンルを取り扱っています(設置事例)(*^^*)水槽導入お考えの方、是非アクアリンクにご相談ください!お待ちしております!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク 公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アフリカンシクリッド, バーズアイ水槽, 水槽 インテリア | タグ: , , , | ヒーリングサロンにバーズアイ水槽 はコメントを受け付けていません。

神奈川県にネイチャー水槽

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は神奈川県の個人のお客様宅に水槽を設置しました!

設置した水槽はネイチャーアクアリウム水槽になります!

ヘアーグラス(手前に生えている緑色の水草)を使用して草原を再現し、その中央を白っぽい化粧砂を用いて奥から手前に川が流れるようなイメージでレイアウトしております。今はまだお魚は入っておりませんが、もし入れるとその草原の上を泳ぐではなく、まるで群れて飛ぶ鳥のように見えます。

ネイチャーアクアリウム水槽と以前紹介したスタンダード水草水槽って何が違うのかと思いますが、簡単に言ってしまうと土・ライト・CO2を送る機械が付いているか否か、が違います。

画像に黒っぽい土があると思いますが、これはソイルと呼ばれる栄養が詰まった土を焼き固めたものです。水草の中で砂に根を張り栄養を吸収する種類はこのソイルが必要不可欠です。

ライトは植物にとって太陽の変わりで、太陽の光量と同じくらい強いものでないとしっかり育たない水草がいます。

また、CO2ですが、植物は二酸化炭素を吸って酸素を吐き出す光合成を行っています。この使われる二酸化炭素は空気中からわずかに溶け込むものと、入っているお魚が呼吸をおこなって吐き出すわずかな二酸化炭素を使って水槽内の水草は光合成を行っています。しかし、このわずかなCO2だけでは満足に光合成ができずうまく育ってくれない水草がいます。そこで人工的にCO2を送り込む機械を取り付けます。そうすることで水草は思う存分光合成ができます。

これらをすべて揃えることでスタンダード水草では育たない水草を育てることができたり、光・栄養・光合成不足で枯れてしまうのを防ぎ美しい緑色や赤色を保つことができます。あとはネイチャーアクアリウム水槽、スタンダード水草共通で使える液体肥料が存在したりします!

これだけ用意すれば管理は簡単なのかと言われると実はそうでもなく、栄養・光量・CO2の量がうまくバランス良く保たれなければコケがたくさん出てしまったり、水草の調子が悪くなったりします。なので水草の調子や水質を細かく観察しなければ美しい水槽は実現できません。弊社ではネイチャー水槽は月2回以上のメンテナンスを推奨しています。

ネイチャーアクアリウム水槽のメンテナンス、是非私たちアクアリンクにお任せください!管理が比較的難しいと言われていますが弊社は水草を上手く育て、同時に水質もお魚も管理できるノウハウがあります。

ネイチャー水槽の他にも海に住む生き物を扱った海水魚水槽、サンゴ水槽、川や湖に住むアロワナなどの古代魚水槽、アフリカの一部の湖に生息するアフリカンシクリッド、造花水槽を使った水槽など様々なジャンルを取り扱っています!(設置事例)もし水槽導入をお考えの方がいたらアクアリンクにご相談ください!(*´▽`*)

お待ちしております!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム, ネイチャー水槽, 未分類 | タグ: , , , | 神奈川県にネイチャー水槽 はコメントを受け付けていません。

TBSの番組にスッポン水槽!

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(*’▽’)

今回TBSで森泉さんが出演している番組のコーナーで私たちアクアリンク協力させていただきました(*^▽^*)

詳しい画像や詳細はまだお伝えすることができないのですが、また今度お話したいと思います!なので今回は画像はなしです…(;_:)

今回設置した水槽は、横幅2mのスッポン大型水槽です!実はその番組の次回予告で一瞬スッポンとスタッフがうつっていたりします(笑)

スッポンはカメの仲間で、かなりの大きさに成長します。また、口に入るものなら何でも食べてしまうため、小さいお魚などは入れることができないのですが、スッポン1匹でも迫力があります(*´▽`*)

今回の設置を行ったスタッフに話をお聞きしたところいろいろ大変だったみたいです。まず水槽の搬入が、ちょうど季節外れの雪が降っており、手が滑りやすくなって水槽を思わず落としそうになったみたいです( ゚Д゚)また、設置する場所までの道のりがとても狭く、壁も水槽も傷つけないように移動させたそうです。水槽も大型なので重さも凄まじいですね…!

水槽のデザインは”明るく”とのことだったので、水槽台やフードカバーは白に近い色を用いてます。また今回のろ過はオーバーフローと呼ばれる海水魚で主に使われているろ過方法なのですが、その配管がアクアリンクでは黒を多く使っているのですが、今回は透明色を使用しています!

スッポンなどのカメは力が強く好奇心旺盛なのでなんでも齧ろうとします。水槽の下から上に出てる泡は砂の中に埋まっているエアーカーテンから出しているのですが、それを繋いでるチューブをカメにかじられないようにオーバーフローの配管の内側に入れて隠す工夫をしています。こちらも弊社はチューブは主に黒を使用していますが、それだと目立ってしまいますので、透明なチューブを使用しています。

また、スッポンを入れる時は爪に引っかかれないように手袋を使用して入れたみたいです(>_<)確かにあんな鋭い爪でひっかかれたら怪我しますよね、、!大型水槽の設置は朝から夜18時までかかる大掛かりな作業でした。

森泉さんはこんかい建てた家に住むとのことでしたので、是非スッポンを可愛がっていただけたらなと思っています(^_^)ちなみに今現在スッポンの餌は大工さんにあげてもらっているとのことです!笑

また森泉さんはプレコ(ナマズの仲間)が好きみたいなので今回のスッポン水槽にプレコが入っています!水槽面に付いた汚れを食べてくれるお掃除屋さんです(^_^)v

アクアリンクは他にもオフィスやナイト系のお店、個人のお客様などの設置やメンテナンスも行っています!今回のスッポン水槽はもちろん、川や湖に住む淡水魚水槽、海に住む海水魚水槽、古代魚水槽、様々なジャンルを扱っています!(設置事例)もし水槽でお悩みの方がいたらぜひアクアリンクにご相談ください!お待ちしております(*^▽^*)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: スッポンモドキ水槽, 撮影用, 未分類 | タグ: , , , | TBSの番組にスッポン水槽! はコメントを受け付けていません。

六本木に球体型水槽

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回ご紹介する水槽は六本木のオフィスに設置した水槽になります!

珍しい球体型の水槽です!水槽といえば正方形や長方形の角があるガラスの入れ物を想像するかと思うのですが、実はこのような角がない球体型の水槽も存在します。あとは円柱型水槽もありますね。

このような球体型水槽の特徴は横から360°はもちろん、上からも下からも水槽の中身が見えることでしょうか。普通の四角い水槽は上にライトや蓋などを置いている場合が多く、上から水槽内見ることはほぼできません。

また、今回のような造花水槽ととても相性が良く、どの角度からでも水中に咲く草花を見ることができます!

設置を行ったオフィスの床が黒が多いため、水槽の中心の柱も黒くすることで水槽の存在が違和感なく周りとうまく溶け込みまさにインテリアとして存在しています。水槽の色合い周りの風景、造花も含めると今回はとても落ち着いた雰囲気を醸し出していますね。

水槽内にいるお魚も川に住む淡水魚で、ゆっくりと自由気ままに泳ぐ種類が多いため、見ているだけで心が安らぐのではないでしょうか。

実はこの造花水槽、弊社が取り扱っているジャンルで最もアレンジができる種類です。例えば、今は赤・青・黄色・白の花が使われていますが、夏は葉を多くしたり、秋は紅葉やハロウィン、冬はクリスマス、春は桜の花など様々な造花や飾りを使ってイメージを変えることができます!他にもお好きな花や色などリクエストがあればそれらの造花を集めてレイアウトすることが可能です。子どもから大人まで人気のある造花水槽、是非いかがでしょうか?(*^^*)

アクアリンクスタッフは造花レイアウトの技術がとても高く、どんな水槽の形でも、どんなお客様のご意見も確実にご満足いただける形に仕上げます。もちろんその場限りの美しさではありません。やはり造花も汚れてしまうことがあるため、そのときはこちらで洗浄を行い、もとのきれいな草花に戻すことができます。

もしこのような球体型水槽や造花水槽が気になる方がいたら是非アクアリンクにご相談ください!弊社は業界唯一の自社工場があるので、インテリアとして置きたい場合は周りの空間や色合いに合った水槽を、子どもに見せたいならば背の低い水槽など臨機応変に対応できます!

また、今回の造花水槽の他にも本物の水草や流木を入れた淡水魚水槽、海の生き物達を扱った海水魚水槽、古代魚水槽など様々なジャンルを取り扱っています(^_^)

皆様のご連絡、お待ちしております!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: 未分類, 水槽 インテリア, 水槽設置 東京 | タグ: , , , | 六本木に球体型水槽 はコメントを受け付けていません。

お魚の豆知識①

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は水槽のご紹介ではなく、お魚の豆知識を記事にしていこうと思います(^_^)v

熱帯魚業界ではポピュラーだけどとても綺麗で人気が高いお魚ネオンテトラとカージナルテトラ。

この2匹とっっても似ていますが、実は体の構造は全然違うみたいなんです( ゚Д゚)赤いラインが途中で切れているのがネオンテトラ(画像上)、頭から尻尾までラインが続いてるのがカージナルテトラです。(画像下)

実際一緒に水槽に入れてみるとみんな自分が誰なのかしっかり理解しているみたいで、カージナルテトラとネオンテトラ見事に別々の群れを作ります!似てるのによくわかりますよね…。

実はほとんどのお魚にはとても面白い特徴があります。この2種類で見て見ましょう、よく見て見てください。背中側が黒っぽく、お腹側が白っぽく見えませんか??

これには意味があります。体の小さなお魚は自然界では天敵がたくさんいます。空からは鳥が、水中からは大型魚や魚食性の生き物達。彼らの捕食を逃れて小魚たちは日々一生懸命生きています。捕食者たちから少しでも逃れるために身に付けた術、それが先ほどの背中とお腹の色合いです。

空や小魚の上から狙うとき、水の底が暗く見えるので、背中が黒いとその暗さに溶け込むため、敵は狙いずらくなります。逆に下からの場合、太陽の光が水中からだと白く見えるので先ほどと同様でお腹の白がうまく溶け込むのです!すごい…( ゚Д゚)このことを”カウンターシェービング”と呼ばれたりしています(^_^)

実は世界最大のイカ、ダイオウイカもこの特徴を持っています。すべての種類ではないのですが、ほとんどの生き物がこの特徴を持っています。

もし水槽をお持ちだったり、水族館などで魚を見る機会があったら是非観察してみてください!彼らの敵から逃れる戦術ですね!

 

さてさて話は変わり、同じネオンテトラの仲間、ラミーノーズテトラというお魚をご存知でしょうか?

真っ赤な顔に、しましまの尻尾、とても可愛らしい見た目していますね!

ラミーノーズ…なんでこのような名前が付いたのでしょうか?

実はラミーノーズテトラの顔がお酒(ラム酒)を飲んで酔っ払って見えるからラミーノーズと名前が付けられたそうです(笑)泳ぐときも実は酔っ払ったようにフラフラと…なんてことはなく、群れをなして元気に泳ぎまわります!ネオンテトラはふわふわとゆっくり浮遊するように泳ぐのですがラミーノーズちゃんはかなりの速度で泳ぎまわります。でもとっても大人しく仲間や他のお魚をいじめたりすることは基本的にありません(*^^*)赤の発色がとても綺麗なので水草水槽にオススメです!

 

以上、お魚の豆知識でした!(*´▽`*)

次回はまた弊社の水槽紹介をしていきたいと思いますのでよろしくお願いします(*^-^*)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム, 熱帯魚 | タグ: , , | お魚の豆知識① はコメントを受け付けていません。

水槽台を本棚に改造!

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回ご紹介するのは、最近設置した埼玉県のクリニック様になります(*’▽’)

こちらは幅が1200mm、奥行200mmのアクアリウム水槽になります。中は海をイメージしている海水風淡水魚水槽で、アフリカンシクリッドと呼ばれる種類のお魚が泳いでいます!

タイトルにもある通り、水槽台の一部を本棚に改造してあるのが今回ご紹介するアクアリウム水槽の一番の特徴ですね(*’▽’)

病院は待ち時間が長く、退屈すると思います。また、診察とかいろいろ考えると緊張したり、不安になったりしますよね…。そんなとき、皆さんは何をして暇をつぶしたり緊張をやわらげていますか?携帯、持ってきた本、ぼーっとする、色々あると思います。もし目の前に水槽や本があったらつい見てしまいませんか??自由気ままに泳ぐ魚に癒され、いつの間にか診察の順番が回ってきたり、不安や緊張がなくなっているのではないでしょうか?水槽台にある気になる本を手に取るときに水槽が見れて、席に戻って本を読み、戻すときにも水槽が見れて…時間が一瞬で過ぎちゃいそうですね(*^^*)

今回水槽に入れているアフリカンシクリッドは、アフリカンの名前の通りアフリカの湖に住んでいるお魚です。黄色や赤、青、まるで海水魚のような鮮やかな色味を持っています!そこそこ大型になる種類で、最初は小さいサイズですが成長が早く、次に来たときは二回り以上は成長しているかもしれません(笑)また、大きくなるとたま子どもを生むことがあります。アフリカンシクリッドは卵を口で保護する習性があるので大きくなってきた子がいたら口を見て見るのも面白いかもしれません!もしかしたら、岩の隙間から赤ちゃんアフ

リカンがいるかも、、??他の熱帯魚とは全然違う魅力があるお魚です!今回本棚に改造されたこの水槽、熱帯魚ショップに行っても売っていません。完全に弊社オリジナル水槽です。業界唯一の自社工場があるので、水槽だけでなく水槽台も今回のように様々なものに作り変えることができます。水槽台は水槽と水槽用の機械を置くだけでなはいというのを証明してくれてます!もし水槽置きたくて水槽台にアレンジを加えたいとお考えの方がいたら是非アクアリンクにご相談ください!先ほども書きましたが、自社工場があるのでお客様のご要望1つ1つにお応えすることができます!

また水槽の中身も今回のアフリカンシクリッドだけでなく普通の淡水魚、海水魚、アロワナなどの古代魚、様々なジャンルを取り扱っています!是非他の設置事例を見て見てください!(設置事例)

皆さまのご連絡お待ちしております!水槽の設置は埼玉県だけではなく、関東全域でおこなっています(*^^*)

水槽プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

カテゴリー: アクアリウム, アクアリウム埼玉, アフリカンシクリッド | タグ: , , , | 水槽台を本棚に改造! はコメントを受け付けていません。