水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

ウツボも水槽で飼育が可能です!ハナヒゲウツボ

投稿日: 2022年05日30月 作成者: アクアリンク株式会社 総務部 千葉

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(^^)/

 

今回は海水アクアリウム水槽で飼育可能なウツボをご紹介します!

今回紹介をさせていだくお魚は

ハナヒゲウツボ

 

ウツボって怖いイメージや大きくてインパクトがあるお魚の印象が強いかもしれませんが、

こちらのウツボ

見た目は細身で太さもないお魚です!

あまり例えにくいのですが、太さはタピオカのストローの太さと言いますか、千歳飴や金太郎飴くらいの太さと言えばいいのでしょうか。。。(笑)

顔に特徴のあるウツボで

鼻先が正面から見るとリボンのような形をしています。

この形から、【ブルーリボン】という名称で呼ばれることもあるウツボです!

 

ハナヒゲウツボは、ウナギ目ウツボ科に属する海水魚の一種で、西太平洋・インド洋など、日本では主に高知県以南の海域に生息しています。

オスからメスへと性転換し、成長の過程で体色が黒→青→黄色に変化することでも有名。最大で130cmほどに成長し、寿命は10年程度といわれています。

ハナヒゲウツボは成長すると100cmを超えますが、体が柔軟なので90cm程度の水槽でも飼育が可能です。

落ち着いた環境を好む傾向がありますので、ライブロックなどを使用して隠れ家を作るとそこから顔をのぞかせたりします。ほかにも塩ビのパイプやホースなどを設置すると身をひそめることがあります。

あまり泳ぐお魚ではないですが、飛び出る傾向がありますので、フタ付きの水槽を用意してしっかりと閉めておく必要があったり、オーバーフロー水槽の場合だと出口を加工するなど対策をしておく必要があります。

基本的に肉食のお魚なので、混泳には向かず、小さいスズメダイやハゼは食べられてしまう危険性があるので注意が必要です。

また、人口餌はあまり食べない傾向にあるので、生き餌のスズメダイや冷凍のエビ等を給餌していく必要があります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

今回紹介したウツボは意外と飼育も難しくなく、慣れてしまえば安心して飼う事が出来るお魚です。

私自身も以前飼育していたことがあり、ライブロックの下で顔を出している姿はかわいく、また餌を食べるときは体を外に出して食べる姿が迫力のあるウツボです。

鮮やかなブルーで水槽にいるととても存在感があります!

 

もし興味がありましたら是非飼育してみてください!(^^)/

 

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています。

海水魚水槽やアロワナなどの大型魚水槽、テラリウム水槽など様々なジャンルを取り扱っています。

もしアクアリウム水槽を置いてみようかお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!

 

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP