水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

顔が印象的なミヤコテングハギ

投稿日: 2022年07日10月 作成者: アクアリンク株式会社 総務部 千葉

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(^^)/

 

今回は海水アクアリウム水槽で存在感のあるお魚をご紹介します!

今回ご紹介させていただくお魚は

 

ミヤコテングハギ

見た目が印象的なお魚です!

ミヤコテングハギはニザダイ科のお魚で、相模湾以南の太平洋、インド洋、紅海に分布しているそうです。

日本では奄美以南でよく見られることがあり、沖縄の海などでも釣りなどでも釣れることがあり、人気のお魚かと思います。全長は60cmになったりします

以前は「ミヤコテング」という名で図鑑に載っていたが、その後「ミヤコテングハギ」になったそうです。

しかし私たちは以前のままミヤコテングと略して呼ぶことが多いですね!(笑)

ミヤコという名前が付くので、日本の宮古島から名をとったのかもしれません。

テングハギ属は頭部に角状の突起が発達することが特徴のグループで、

その形態から和名に天狗を冠し、英語ではユニコーンフィッシュと呼ばれている仲間で、

ミヤコテングハギもオレンジスパインユニコーンフィッシュの英名を持ちます。

 

ニザダイ科は「サージョンフィッシュ」と英名で呼ばれることがあり、この「サージョンフィッシュ」とは外科医という意味。

尾柄部に手術で使うメスのようなトゲ(?)があり、本種の骨質板は鮮やかなオレンジ色で囲まれています。

武器を持っているアピールという説もあるが、活用しているのは見たことがありません。

ショップ等で販売している時にはまだそこまでの大きさがないため、このトゲもあまり目立つような感じではなかったりします。

 

いかがでしたでしょうか?

ミヤコテングハギは海外の水槽では大体入っていて、SNSなどでも海外の方が出している写真にいるイメージがあります。

水槽が小さいとストレスで短命になりがちで、なかなか餌を食べてくれたりしないこともあるので飼育には注意が必要だったりします。

餌も海藻系の餌をあげることで食いつきは良くなったりするので、餌をきちんと食べられるまでは注視していかなければなりませんね!

でも泳いでる姿は存在感あるので1匹泳いでいると素敵です!

 

もし興味がありましたら是非飼育してみてください!(^^)/

 

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています。

海水魚水槽やアロワナなどの大型魚水槽、テラリウム水槽など様々なジャンルを取り扱っています。

もしアクアリウム水槽を置いてみようかお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!

 

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP