水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

お魚の豆知識①

投稿日: 2018年04日12月 作成者: nakagawa

皆さんこんにちは、アクアリンク千葉です('◇')ゞ

今回は水槽のご紹介ではなく、お魚の豆知識を記事にしていこうと思います(^_^)v

熱帯魚業界ではポピュラーだけどとても綺麗で人気が高いお魚ネオンテトラとカージナルテトラ。

この2匹とっっても似ていますが、実は体の構造は全然違うみたいなんです( ゚Д゚)赤いラインが途中で切れているのがネオンテトラ(画像上)、頭から尻尾までラインが続いてるのがカージナルテトラです。(画像下)

実際一緒に水槽に入れてみるとみんな自分が誰なのかしっかり理解しているみたいで、カージナルテトラとネオンテトラ見事に別々の群れを作ります!似てるのによくわかりますよね…。

実はほとんどのお魚にはとても面白い特徴があります。この2種類で見て見ましょう、よく見て見てください。背中側が黒っぽく、お腹側が白っぽく見えませんか??

これには意味があります。体の小さなお魚は自然界では天敵がたくさんいます。空からは鳥が、水中からは大型魚や魚食性の生き物達。彼らの捕食を逃れて小魚たちは日々一生懸命生きています。捕食者たちから少しでも逃れるために身に付けた術、それが先ほどの背中とお腹の色合いです。

空や小魚の上から狙うとき、水の底が暗く見えるので、背中が黒いとその暗さに溶け込むため、敵は狙いずらくなります。逆に下からの場合、太陽の光が水中からだと白く見えるので先ほどと同様でお腹の白がうまく溶け込むのです!すごい…( ゚Д゚)このことを"カウンターシェービング"と呼ばれたりしています(^_^)

実は世界最大のイカ、ダイオウイカもこの特徴を持っています。すべての種類ではないのですが、ほとんどの生き物がこの特徴を持っています。

もし水槽をお持ちだったり、水族館などで魚を見る機会があったら是非観察してみてください!彼らの敵から逃れる戦術ですね!

 

さてさて話は変わり、同じネオンテトラの仲間、ラミーノーズテトラというお魚をご存知でしょうか?

真っ赤な顔に、しましまの尻尾、とても可愛らしい見た目していますね!

ラミーノーズ…なんでこのような名前が付いたのでしょうか?

実はラミーノーズテトラの顔がお酒(ラム酒)を飲んで酔っ払って見えるからラミーノーズと名前が付けられたそうです(笑)泳ぐときも実は酔っ払ったようにフラフラと…なんてことはなく、群れをなして元気に泳ぎまわります!ネオンテトラはふわふわとゆっくり浮遊するように泳ぐのですがラミーノーズちゃんはかなりの速度で泳ぎまわります。でもとっても大人しく仲間や他のお魚をいじめたりすることは基本的にありません(*^^*)赤の発色がとても綺麗なので水草水槽にオススメです!

 

以上、お魚の豆知識でした!(*´▽`*)

次回はまた弊社の水槽紹介をしていきたいと思いますのでよろしくお願いします(*^-^*)

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP