水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

顔が青くて目元が黄色いヤッコ、ブルーフェイス・エンゼル!

投稿日: 2021年08日03月 作成者: アクアリンク株式会社 総務部 千葉

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(^^)/

 

今回は海水インテリア水槽で飼育難易度が高いものの非常に人気のあるお魚をご紹介します!

 

 

それがこちらです!

目元が黄色、口周辺が青く、体全体が黄色と濃い青色のグラデーションのようになっている非常に美しいお魚、”アデヤッコ”です!

名前の通りヤッコの仲間で口周辺が青いことから”ブルーフェイス・エンゼル”とも呼ばれています。どちらかというとこちらの方が一般的に知れ渡ってるとか?

今回のブログではブルーフェイス・エンゼルだと名前が長いのでアデヤッコで統一させてもらいますm(_ _)m

 

西部太平洋~インド洋にかけて珊瑚礁や岩礁域に生息していますが、日本ではあまり見られない種類です。

全長は最大で25cmほどにまで大きくなり、自然界ではそこまで大きく見えませんがインテリア水槽などで飼育するとかなり迫力があります。

 

ちなみにアデヤッコの幼魚は全く別の模様や体色をしており、まるで別種のような見た目をしています。その幼魚の姿がこちら。

 

 

どうです??青と白のしましま模様をしたこの幼魚がアデヤッコです。

実は大型ヤッコはこのように幼魚と成魚で全く違う模様をしている種類が多く、更にイナズマヤッコやサザナミヤッコなどアデヤッコの他にも青と白のしましま模様をしている種類が多く、幼魚だけで見比べてもどれがどの種類なのか余程のプロじゃなきゃマジで見分けつかないです(^_^;)

 

何故大型ヤッコは幼魚と成魚で姿が違うのかですが・・・話しがそれてしまうのでこれはまた別の機会に書こうと思います。

 

では飼育方法を書いていこうと思います!

冒頭で飼育難易度が高いと書きましたが、アデヤッコの大きさや性格、食性にその理由があります。

 

まず水槽サイズですが、アデヤッコは飼育下でも20cm以上になりますので最低でも90cm水槽、しっかり余裕を持って飼育する場合は120cm水槽以上をオススメします。

かなり泳ぐ回るお魚なので90cm水槽でも正直狭いと感じますね。

 

濾過器は90cm水槽以上であればオーバーフロー水槽一択となります。

 

水温は24℃~26℃を好みます。急激な水温変化が起こらないようにヒーターやクーラーなどは必ず用意してください。

またヤッコの仲間は病気になりやすいのでプロテインスキマーや殺菌灯も必需品です。

 

水槽内のレイアウトですが、ライブロックは海水魚を飼育する上で必須です。体が大きいのであまり複雑に組まないほうがぶつかって崩れたりしません。

底砂はあると見栄えが良くなったり水質浄化などにも役立ちますが、アデヤッコは砂に依存しないためベアタンクでも飼育可能です。

砂を敷かない方が病原菌が繁殖しにくかったりメンテナンスがしやすいため敷かない人も多いようです。

サンゴとは一緒に飼育できるのか??と思われるかもしれませんが、アデヤッコに限らずヤッコ類とサンゴ水槽とは非常に相性が悪いです。ヤッコは完全サンゴ食というわけではないのですがサンゴのポリプなどを見ると突いたりかじって食べてしまいます。

 

次にエサですが、ヤッコ類は自然界では藻類、海綿、ホヤ、底生無脊椎動物、小型の甲殻類を捕食する雑食性です。そのため人工飼料を与える場合は草食寄りの雑食成分が入ったものを与えてあげてください。

 

そして混泳ですが、アデヤッコはかなり性格がキツく、自分より小さいお魚や同じヤッコの仲間に対しては追い回したり噛みついたりする危険性があります。

そのため多めに岩やレイアウト素材で隠れ家を多めに作ってあげたり、先に小・中型魚を入れてアデヤッコを最後に入れてあげると喧嘩が起こりにくくなります。

同種同士でも混泳が成功する場合がありますが、オススメはしません。

 

いかがでしょうか??

大きい水槽を用意したり混泳にはかなり気を遣わないといけないなど上級者向けのお魚ですが、もし大きいお魚を飼育したい、派手なお魚を飼育してみたいと思った方、このアデヤッコの飼育、いかがでしょうか??

 

今回は派手で美しい反面性格に難ありなお魚、アデヤッコのご紹介でした!

 

弊社は関東全域でインテリア水槽の設置やメンテナンスを行っています。

海水魚水槽や水草水槽、アロワナ水槽、テラリウム水槽など様々なジャンルを取り扱っています!

もしインテリア水槽を置いてみようかお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!

 

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP