水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

メダカの産卵、稚魚の隠れ家、コケ対策にオススメの浮草!

投稿日: 2020年08日23月 作成者: nakagawa

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回はお魚のご紹介ではなく、久々の水草のご紹介になります!

インテリア水槽の水草と言えば水中でゆらゆらと揺らめく植物と思われるかもしれませんが、今日ご紹介する水草はちょっと違います!

 

こちらは浮草とも呼ばれる水面に葉を広げるタイプの水草です。名前はアマゾンフロッグピットとも呼ばれています。他にも浮草は色々な種類があります。

 

アマゾンフロッグピットは南米の河川や湖沼に生息する多年草の水草です。

浮草を飼育する場合は水槽のライトの光量が強くないと育ちにくいことがありますが本種は蛍光灯などでも十分に飼育が可能となります。

丸っこい葉っぱを放射状に展開しながら成長し、夏の高水温や高光量の条件下では丸っこい葉っぱを放射状に広げて盛んにランナーを伸ばして繁殖します。

根っこを水槽の底に向かって伸ばすのでアマゾンフロッグピットがたくさんあると根っこの森のようになり稚魚たちの絶好の隠れ家になったり、メダカなどのお魚が水草に卵を産み付けたりすることができます。

 

上から見ることで浮草類は見栄えが良いためよくビオトープやメダカなどを屋外飼育している方が入れていることが多いですが、もちろん室内水槽での飼育も可能です。

 

実はアマゾンフロッグピットは見た目が綺麗だったりお魚の隠れ家や産卵場所になるというだけではなく、水中の汚れも吸収してくれるのです。

そのためコケがたくさん生えているインテリア水槽にアマゾンフロッグピットを入れてあげると改善することがあります。

アマゾンフロッグピットを入れることはメリットはたくさんありますが一つだけデメリット(?)があります。調子が良いアマゾンフロッグピットはどんどん増えます。あっという間に水面を覆い尽くしてしまい、水中に生えている水草に光が当たらなくなって枯れてしまうことがあります。そのため増えてきましたらある程度残して間引いてしまったほうがいいでしょう。

もしメダカなどの繁殖をしたい、稚魚たちを育てたい、コケ対策をしたいとお考えの方はこのアマゾンフロッグピットを入れてみてはいかがでしょうか??(^^)

お値段も安いので入手しやすい水草ですよ!

 

今回はアマゾンフロッグピットのご紹介でした!

弊社は関東全域でインテリア水槽の設置やメンテナンスを行っています。

水草水槽はもちろん海水魚水槽、古代魚水槽、テラリウム水槽など様々なジャンルを取り扱っています!

 

もしインテリア水槽にご興味がありましたら是非弊社アクアリンクにご相談ください!

 

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP