水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

パジャマを着た魚?マンジュウイシモチ!

投稿日: 2020年04日18月 作成者: nakagawa

みなさんこんばんは、アクアリンク千葉です('◇')ゞ

今回は海水魚のご紹介をしたいと思います!

 

まるでファンタジーの世界から抜け出してきたような色合いが特徴のお魚、こちらはマンジュウイシモチというお魚です。

スズキ目テンジクダイ科マンジュウイシモチ属に分類されており、7~8cmの大きさで石垣島以南の海に群れを作って生活しています。

名前の由来は、饅頭のような見た目をしているのと、耳に耳石と呼ばれる石のようなものを持っていることから名前が付けられています。

タイトルのパジャマはどこから来ているのかですが、英名がパジャマカージナルフィッシュという名前が付けられているんですよ!本当に水玉模様とかがパジャマに似てますよね笑

ちなみに、ホソスジマンジュウイシモチというお魚がいるのですが、こちらはマンジュウイシモチを白黒にしたような色合いをしています。

このお魚は一見珍しそうですが、アクアリウム水槽では一般主として安価で販売されています。飼育難易度も低く、一部ではカクレクマノミより飼育しやすいと言われるくらい丈夫な種類です。

素早く泳ぐのではなく、群れでホバリングするように泳ぎます。泳ぐというか浮いているというか…(;・∀・)

性格も大人しく、他種に危害を加えることはほとんどありません。加えてそこまで大きくならない種類で、人工餌も食べてくれるので初心者をはじめ非常に飼育しやすいお魚です。

アクアリウム水槽では面白い繁殖方法を見ることができます。マンジュウイシモチはメスが卵を産むと、オスがそれを口に入れて守るというマウスブルーダーと呼ばれる方法を行います。そのまま仔魚を育てることは不可能ではないのですが、かなり難易度が高いので専用の水槽を用意したりしなければいけません(;・∀・)

是非産卵したら間近で卵を守るオスの姿を見てみてください(^-^)

今回はファンタジックで飼育しやすいマンジュウイシモチのご紹介でした!

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置やメンテナンスを行っています。

今回のような海水魚水槽はもちろん、水草水槽、古代魚水槽、テラリウム水槽など様々なジャンルを取り扱っています!

もしアクアリウム水槽を設置してみようかお悩みの方がいましたら是非アクアリンクにご相談ください!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP