水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

水槽の悪魔…!?ネオンダムセル!

投稿日: 2020年10日14月 作成者: nakagawa

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は海水インテリア水槽のお話しです!

 

インテリア水槽といえばお魚がたくさんいて、見栄えが美しく見てるだけで癒される効果がありますよね。他にも、淡水魚のベタのように小さい水槽で1匹だけ飼育して楽しむという方もいると思います。

今日はたくさんお魚が泳ぐというより、ベタのように1匹だけの飼育がオススメの海水魚をご紹介します!

それがこちら!

 

 

この黒い体に光っているかのようなネオンブルーが物凄く美しい海水魚、ネオンダムセルです!

スズメダイの仲間で、最大15cmほどにまでなります。

この美しい姿は幼魚の頃だけで、成魚になるとネオンのラインは顔にだけ残り後は真っ黒になります。

別名ブルーデビル、デビルダムセルとも呼ばれています。デビル…悪魔…?なんだか物騒な名前で呼ばれていますが…その説明は今からしますね。

 

このお魚、スズメダイの仲間なだけあって非常に丈夫で人工飼料にも餌付いてくれるので初心者の方でも飼育することができます。しかし、じゃあ初心者向けかと聞かれると、(このお魚のことを知っていれば別ですが)”ハイそうです”とは言えません。

その理由はこのネオンダムセルの性格にあります。

 

このネオンダムセル、スズメダイの中でもとりわけ縄張り意識が強くかなり気性が荒いのです。

それはもうネオンダムセルの視界に入った同種他種問わず突進や噛み付きなど猛攻撃をしかけとにかく怒り狂い縄張りから追い払おうとします。ネオンダムセルより何倍も大きい種類ならまだ大丈夫ですが、同じ大きさかそれより小さい種類だとほぼ確実にやられます。

攻撃しないのはエビやカニなどお魚じゃない生き物くらいですかね…?

ただ個体差があるので、上記のようなとにかく怒る子や比較的大人しめの子もいます。が、基本は気性が荒いと思ってもらっても大丈夫です。

 

このような性格からデビル(悪魔)と別名にあります…。ちなみに”殺し屋”とも呼ばれているそうです。恐ろしい!

 

こんな種類なので、冒頭で単独飼育オススメと書きました汗

飼育自体は容易なので、ある意味初心者向けとも言えます。見た目が鮮やかですから単独でも十分水槽は冴えると思います(^^)

 

以下飼い方ですが、まず水槽サイズは最低でも45cmは欲しいですね。

ろ過機は一番いいのがオーバーフロー水槽です。しかし水槽サイズも小さい上にオーバーフロー水槽は高額なのでネオンダムセル単独であれば外部式、上部式がおすすめです。

水温は24℃~26℃なので冬はヒーター、夏はクーラーやファンなどの冷却装置が必要となります。45cm以下の小型水槽で飼育する場合、水量が少ない分水質・水温の変化が急激に変わったりするため定期的に水質をチェックしてあげてください。スズメダイは丈夫とはいえ水質の悪化は病気などの悪影響を引き起こしてしまう可能性があります。

餌は冷凍餌、人工餌なんでも食べてくれます。

混泳は当然不可です。ただ、大型ヤッコなどネオンダムセルより何倍も大きい種類であれば不可能ではないかもしれません。確証できないので、基本は単独飼育をオススメします。

エビなどの甲殻類でしたら問題ないかと思いますが、絶対とは言えないので入れる際は注意深く観察してください。

ここまでネオンダムセルの悪い一面ばかり書いてしまいましたが、実際見てみるとその美しさや岩に入ったり出たりして様子を伺う可愛らしさがあります。

もし単独飼育でも問題ない!という方がいましたらこのネオンダムセル、いかがでしょうか?(^^)

今回は悪魔だけど愛嬌あるネオンダムセルのご紹介でした!

 

弊社は関東全域でインテリア水槽の設置・メンテナンスを行っています。

海水魚水槽はもちろんのこと、そのワンランク上の珊瑚水槽や水草水槽、テラリウム水槽、アロワナ水槽など様々なジャンルを取り扱っています!

もしインテリア水槽を導入してみようかお悩みの方がいましたら是非弊社アクアリンクにご相談ください!

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP