水槽アクアリウムのレンタルやリース、出張メンテナンス、熱帯魚水槽インテリアのトータルプロデュースならアクアリンクにお任せください。

かっこよくて可愛い?スネークヘッド!

投稿日: 2020年08日27月 作成者: nakagawa

みなさんこんにちは、アクアリンク千葉です(‘◇’)ゞ

今回は淡水アクアリウム水槽でかっこいいお魚をご紹介します!

 

 

このヘビのような体形に凶暴そうな見た目をしたお魚、スネークヘッドです!

ネオンテトラやメダカなどお魚をあまり詳しくない方でも知れ渡っている種類とは違い、少しマイナーな部類?に入る種類かと思われますが愛好家なども多いのですよ(^^)

外国に生息していて珍しいお魚…かと思えば、実は日本にも雷魚という名前で生息しているのです!

肉食性なのでその大きい口やいかつい体付きで凶悪凶暴かと思いきや、飼いこむと人によくなれて、近づいて来てくれたり餌くれアピールしたり案外可愛い一面を見せてくれます笑

 

一部を除きほどんどのお魚は水中で呼吸をしますが、スネークヘッドはなんとエラ呼吸だけでなく空気中からでも酸素を取り込むことができる所謂空気呼吸もできるのです。

なので陸上であっても活動できます…が、かといって人間のように陸上生活できるというわけではなく、体が乾いてしまうと弱ってしまうのであくまで短時間のみでの活動です。

 

スネークヘッドは様々な種類がおり、多くは30cm前後になりますが、一部には最大20cm程度の小型種もおり、初めてスネークヘッドを飼育する方はこの小型種をオススメします(^^)

体色も様々で一見地味に見えてもヒレの一部が青やオレンジ色など入っていたり、全体で見るととても綺麗です。

 

スネークヘッドの飼い方ですが、珍しいお魚=飼育困難と思われる方も多いですがこの種類はとても丈夫なので非常に飼育しやすいです。

ただ、どのスネークヘッドも15cm以上にはなる種類なので水槽のサイズは大きいものが必要になります。小型種なら最低60cm、中型以上の種類なら最低90cmの水槽が必要となります。

また彼らは肉食性なので餌は小魚や生きたイトメやアカムシを必要とします。人工餌にも餌付きやすいのでこちらにならした方が飼育はしやすいかと思います。

肉食性な上に非常に大食漢なのでその分水を汚すため、ろ過器は外部式フィルターか上部式フィルター、一番いいのがオーバーフロー水槽です。

適正水温は23℃~27℃、それ以下やそれ以上でも彼らは生きていけるのですが、病気などのリスクを考えるとしっかりヒーターやクーラーは導入してあげましょう。

 

アクアリウム水槽ではやはりレイアウトにこだわりたいところです。

スネークヘッドは水草水槽でも飼育することができ、流木などを入れて隠れ家を作ってあげると落ち着くようです。

ただ、上記でも書きましたが非常に水を汚すので、一番ベストなのは砂を入れず、流木のみを入れた掃除がしやすいベアタンク水槽をオススメします。

 

スネークヘッドで気を付けなければならないことが混泳と飛び出しです。

肉食魚なので口に入るお魚はなんでも食べます。そのため基本は単独飼育となります。

また飛び出しの事故は最も多い死因なのでしっかり蓋をして、その上に重りを置いて飛び出し防止を徹底的に行いましょう。

 

見た目が凶暴そうなのに人懐っこい、丈夫で飼育しやすいスネークヘッド、是非飼育してみてください!(*’▽’)今回はスネークヘッドのご紹介でした!

 

弊社は関東全域でアクアリウム水槽の設置メンテナンスを行っています。

アクアリウム水槽のジャンルも海水魚水槽や水草水槽、アロワナ水槽、造花水槽などほとんどのジャンルを取り扱っています!

もし水槽に興味がある方は是非弊社アクアリンクにご相談ください(^^)

 

水槽空間プロデュース企業アクアリンク公式サイトはこちらから!

PAGETOP